グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ムセイオン静岡 散策マップ


ホーム >  産学連携・地域貢献 >  ムセイオン静岡 >  ムセイオン静岡 散策マップ

1. 立体模型

静岡県立大学、静岡県立美術館、静岡県立中央図書館、静岡県埋蔵文化財センター(元 静岡県埋蔵文化財調査研究所)の立体模型に触ることができます。

2. 学生食堂

はばたき棟地下1階
昼食から夕食まで利用することができます。ボリューム満点の定食が人気です。
学生ホール1階
食堂の他、売店、談笑できるスペースがあります。お昼休みは学生たちで賑わいます。

詳しくは 食堂のページへ(同じウィンドウで開きます。)

3. 附属図書館

学術書を中心に約78万冊を所蔵。他の図書館が所蔵していない資料も多く、学内外多くの人が利用しています。
AVライブラリーでは、世界約30か国・約130チャンネルの海外衛星放送を観ることができます。

4. 薬草園・温室

薬草園は静岡県立大学の付属薬用植物園として、薬学部の教育に必要な植物の栽培・収穫および研究を行うこと、さらに静岡県民および一般社会人に対して生涯教育の場を提供することを目的に平成元年静岡県立大学の開設と同時に設置されました。

本園で栽培されている植物の多くは本学薬学部の前身である静岡薬科大学の薬用植物園(静岡市小鹿)から移植されたものです。
平日9時から17時まで、一般開放しています。(団体での見学は要予約。)

静岡県立大学薬草園(薬草園のページへ)

5. 芝生広場

大学敷地内の芝生園地は多くの方に親しまれています。

6. ビタミンB発見者 鈴木梅太郎像

1874年現・牧之原市生まれの梅太郎は、農化学者で、ビタミンB1の発見者です。
脚気に有効なビタミンB1を発見し、多くの日本人が救われました。

7. 漢白玉石獅子像

1987年(昭和62年)、静岡県と中国浙江省との友好提携5周年を記念して寄贈されました。

8. 彫刻プロムナード

美術館へのアプローチ歩道であるプロムナードには、国内外の彫刻家による作品12点を展示しています。自然に囲まれた彫刻をお楽しみください。

9. エスタ

美術館の中にあるカフェ&レストラン。
企画展にちなんだ特別料理も好評です。

営業時間(月曜休み)11時00分~18時00分

10. 山神の碑

大正時代、古墳の土器破片などが多く発掘されました。
そこで、古墳の慰霊のため、この山神の碑をたててお祀りしました。

11. 「やぶきた」原樹

香りが良く、甘みのある「やぶきた茶」。
けやき並木通りにある「やぶきた原樹」は、現在日本で作られているお茶の80%を占める「やぶきた」品種の原樹です。生みの親である杉山彦三郎は、原樹がもうそうやぶの北側にあったことから、「やぶきた」と命名しました。

12. ロダン館

ラグビーボール状のガラス天井から注ぎ込む自然光のもと、まるで彫刻のある公園を散歩するように気ままに歩ける彫刻館。見晴らし台のようなエントランスフロアからは、ウイング全体を望むことができます。
また、階段状になったスキップフロアには《地獄の門》をはじめとして32点のロダンの彫刻が展示されています。ロダン館と隣りのブリッジ・ギャラリーには、ロダン以前・以降の彫刻もあわせて展示され、全部で51点の彫刻 作品が一堂に鑑賞できます。それら全彫刻作品の解説が入った音声ガイドも無料で貸出しています。

13. ロダン館裏山展望台

ロダン館裏山プロムナードの一番上にある静岡市街を一望できる展望台。
四季折々の花や緑と眺望を楽しむことができます。

14. 谷田古墳群

谷田地区には、6世紀から8世紀初めにかけて50基以上の古墳が造られました。
県中部地区の古墳はほとんどが消滅していますが、谷田古墳はほぼ当時のまま保存されています。

15. 遺跡出土品展示コーナー

埋蔵文化財センターの玄関や廊下に展示ケースを設置し、センターや県教育委員会文化財保護課が発掘調査した遺跡の中から、話題になった遺跡の出土品や写真を展示しています。
展示解説は随時行いますので、受付までお気軽にお声かけください。

16. 野外劇場「有度」

舞台芸術公園全体のコンセプトである「自然との共生・調和」を集約的に表現しているのが、この野外劇場です。床面には伊豆で採石された「若草石」を敷き詰め、落ち着いた黒で統一された外壁とあいまって、野外劇場でありながら室内劇も上演できる濃密な舞台空間になっています。また舞台後方にはお茶の木を植えた花道ならぬ「茶道」も作られています。

17. 屋内ホール「楕円堂」

客席と舞台とが一体となった楕円堂空間には、半円形のドームから差し込む光によって一種宗教的な感覚が生み出され、様式的な作品発表の場にふさわしい空間構成になっています。また二階回廊には畳が敷き詰められ、富士山を正面に望むラウンジも作られています。上層部分は明るく開放的、下層の舞台・客席では感覚を凝集・集中させるという対照的なコンセプトが共存しています。ここでは、演劇やダンスの公演のほか、能や各種シンポジウムなども行なわれています。

18. 大ホール「海」

自然光が降り注ぐ高さ約58メートルの比類なき大空間。このホールは1,720m2のアリーナとしても使用でき、可動席の設置によって最大約4,600人を収容することができます。
また、ホール空間のアレンジにより、各種エンターテイメントからダンス競技をはじめとするスポーツイベント、見本市、国際コンベンションまで、 あらゆる目的、スタイルにお応えします。

19. レストラン「オアシス」・カフェ「燦」

レストラン「オアシス」

客席数:約90席
営業時間:11時00分~14時30分、17時00分~20時00分(オーダーストップは30分前)
前日までのご予約で、ホームページのみの特別料理として「旬のお薦め料理」をご注文いただけます。

カフェ「燦(さん)」

客席数:約80席
営業時間:9時30分~19時30分(オーダーストップは30分前)
会議・イベントのランチや打合せ、休憩などにぜひご利用ください。ホッとくつろげる空間でお客様をお待ちしております。

20. 静岡芸術劇場

客席正面にあがる階段の手前には、SPAC劇団のレパートリー作品の舞台写真などが並び、吹き抜けの窓からは富士山を望むことができます。
レンガの石壁が、深紅の客席と闇深い舞台を囲み、贅沢な雰囲気を持つ落ち着いた劇場空間。プロセニアムを持たない馬蹄形の空間に、舞台と客席が半々の位置を占め、客席と舞台の距離がたいへん近い劇場です。
明るい陽がさすホワイエは、開演前や幕間の休憩のひと時をゆっくりと過ごす空間です。

21. グランシップ広場

美しい芝生とインターロッキングで仕上げられた広場。
グランシップに訪れた方々の憩いの広場になるほか、屋外イベント広場として貸出可能です。大ホール等、館内他施設と併せて利用すれば、大規模イベントの開催ができます。

22. 古代東海道

1994年(平成6年)、静岡県コンベンション・アーツセンター「グランシップ」の建設に先立ち、曲金北遺跡の発掘調査が行われた際、古代の都と地方を結ぶ重要な幹線道路である東海道が発見されました。
発見された古代東海道の遺構は、約100mにわたって保存されています。 遺構は地下約1.5mのところに残されていますが、地表にはカラーブロックにより路面を、また植栽により側溝の位置が表現されています。

A~G 富士山ビュースポット

晴れた日には富士山がきれいに見えるスポットです。

A. 県立大学テニスコートB付近

B. 県立大学駐車場

C. 県立大学テニスコートF付近

D. 県立美術館駐車場

E. グランシップ10階 展望ロビー

F. 舞台芸術公園 稽古場棟付近

G. 「舞台芸術公園」バス停付近

モバイル表示

PC表示