看護学部・大学院看護学研究科特別講演会

特別講演


へき地・離島でも安心・安全・最高の産科医療を提供するために・・・〜結いの心を通じて〜

ちらし

画像をクリックするとPDFファイルが開きます
(PDF:482KB)

看護学部・大学院看護学研究科 母性看護・助産学領域では、奄美大島にある名瀬徳洲会病院産婦人科から小田切幸平医師をお招きして、特別講演会を開催します。
医療従事者は、ケアを提供する上では、多領域と関わっていく必要性を認識しなくてはなりません。小田切幸平医師は、出身である浜松から遠く離れた奄美大島で医療活動を行っており、離島で周囲や他職種と協働し、医療を提供している第一人者です。
医療を志す学生の方々やすでに医療に従事している方々に、効果的にかつスムーズに連携できる取り組みや工夫を聞いていただける講演です。

■日時
2016年9月20日(火曜日) 14時40分~16時10分

■会場
小鹿キャンパス 教育棟255講義室
※駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください

お申し込み不要です。直接会場までお越しください。

お問い合わせ先

看護学部・大学院看護学研究科 母性看護・助産学領域 中川有加
電話:054-202-2949
E-mail:yuka.n(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp