オックスフォード大の院生と元教員による講演会

経営情報学部上野雄史研究室が、オックスフォード大学大学院博士課程所属のOlga PUZANOVA(オリガ・プサノヴァ)氏と、オックスフォード大学で教員歴のある松浦広明氏(松陰大学准教授)をお招きして一連の講演会を開催します。事前予約不要、どなたでもご参加いただけます。


明治時代におけるキリスト教:東方正教会のミッションと非正教アプローチ/10月27日(木)16時20分~17時50分

明治時代に入ってきたロシア正教が、日露間の対立が深まるその時代にどのように根付いていったのか。その歴史的な変遷から見ていき、宗教と民衆の関係を考えていきます。その関係を通じて現代における宗教の役割について考えていきたいと思います。

場所:谷田キャンパス 国際関係学部共同研究室(国際関係学部棟4階 3413号室)
講師:Olga PUZANOVA 氏

オックスフォード大学の魅力と留学のすすめ/10月28日(金)12時15分~12時55分

オックスフォード大学は日本でもよく知られている英語圏最古の大学です。その歴史は800年以上にも及びます。では、オックスフォード大学がどういう大学かを知っている人は少ないのではないでしょうか?オックスフォード大学は、独立した自治権を持つ44のカレッジで構成され、その一つ一つのカレッジに特徴があります。現在、オックスフォード大学の大学院で学ぶOlga PUZANOVAさんと、現在、松陰大学で教員をされオックスフォード大学で教員をされた経験のある松浦広明先生に、同大学の魅力と留学経験をすることの重要性(楽しみ?)を語っていただきます。

場所:谷田キャンパス 国際関係学部棟3階 3313号室
講師:松浦広明 氏、Olga PUZANOVA 氏

人口経済学研究の最先端/10月28日(金)13時00分~14時30分

人口減少が進む日本において脚光を浴びてきているのが人口学の研究です。総務省が2016年6月29日に発表した2015年の国勢調査の速報値によると、65歳以上の割合は、2010年の前回調査より3・7ポイント多い26・7%で過去最高となり、15歳未満の子どもは12・7%で過去最低でした。また、総務省が13日公表した住民基本台帳に基づく2016年1月1日現在の日本人の総人口は、前年同期比0.22%減(27万1834人減)の1億2589万1742人と、7年連続で減少しています。各地域で人口減が進み、減少数は過去最多を更新し続けてます。日本の人口減少を、人口経済学の視点からどのように見るのか、とらえるのかを、米・ハーバード大学で博士学位を取り、英・オックスフォード大学で教員歴のある松浦広明氏にご教示いただきます。

場所:谷田キャンパス 国際関係学部棟3階 3313号室
講師:松浦広明 氏

Olga PUZANOVA氏プロフィール

モスクワ国立国際関係大学・国際ジャーナリズム学部卒業後、オックスフォード大学大学院・日産日本問題研究所で修士号を取得、現在、オックスフォード大学のWolfson Collegeに在籍しながら、MGIMO(モスクワ国際関係大学)で東アジア・上海協力機構研究センター研究員を務める。

松浦広明氏プロフィール

学歴:
・2002年 慶應義塾大学経済学部卒業
・2004年 米シカゴ大学大学院より修士号(M.A.)取得。社会科学(経済学分野)専攻
・2005年 米ノースウェスタン大学工学・応用科学大学院より修士号(M.Sc.)取得
主査: ジョセフ・ショルファー教授
・2012年 米ハーバード大学公衆衛生大学院よりグローバル・ヘルス・人口学博士号(Sc.D.)取得(経済学トラック)
職歴:
2014年2月 国際連合開発計画(UNDP) コンサルタント (兼任)
2013年1月~2014年7月; 英オックスフォード大学学際地域研究大学院専任講師(日本経済論)*兼 同校 セント・アントニーズ・カレッジ ジュニア・リサーチ・フェロー
2014年6月~2014年10月 国際連合人口基金(UNFPA) コンサルタント・技術審査委員会メンバー (兼任)
2013年12月~現在 グローバル開発研究所客員フェロー (兼任)
2015年7月~現在 国際連合大学世界開発経済研究所(UNU-WIDER) コンサルタント(兼任)
2015年11月~現在 英国高等教育アカデミー(HEA)フェロー (兼任)
2016年4月~現在 日本高等教育評価機構(JIHEE)大学評価員 (兼任)
2014年11月~現在 松蔭大学経営文化学部ビジネスマネジメント学科 准教授 (On leave: 2013年4月-2014年10月)
2014年11月~現在 松蔭大学 副学長 兼 学術総合センター長

■同氏の論文(英語)*直近のもののみ
”Occupational Health and Safety” in "The Wiley-Blackwell Encyclopedia of Gender and Sexuality Studies. 1-3", edited by Nancy A. Naples, Wiley-Blackwell, 2016
”Low Income Cut-offs” in "The SAGE Encyclopedia of World Poverty", edited by Mehmet Odekon and J. Geoffrey Golson, Sage Publications, pp.930-932, 2015
”State Constitutional Commitment to Health and Health Care and Population Health Outcomes: Evidence from Historical U.S. Data”, American Journal of Public Health: July 2015, Vol. 105, No.S3: e48–e54.
などインターナショナルジャーナルを中心に多数掲載されている。
より詳細な情報については松浦広明氏のWEBページをご覧ください。

主催:経営情報学部上野研究室
共催:広域ヨーロッパ研究センター

お問い合わせ先

経営情報学部 上野雄史
電話:054-264-5241
E-mail:ueno(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp


(2016年10月)