県民公開シンポジウム「どうなる?韓国情勢と東アジア」

静岡県立大学創立30周年記念事業


県民公開シンポジウム「どうなる?韓国情勢と東アジア」

ちらし

画像をクリックするとPDFファイルが開きます
(PDF:189KB)

静岡県立大学現代韓国朝鮮研究センターは、交流協定を締結しているソウル大学日本研究所から朴喆煕ソウル大教授を招き、新しい年2017年の朝鮮半島情勢と東アジアについて考えるシンポジウムを開催します。急変した韓国情勢、米トランプ新政権の発足、再び緊張する日韓関係、北朝鮮の核問題などを、日韓を代表する識者2人に議論(日本語)してもらいます。

<登壇者>
◎伊豆見 元(いずみ はじめ)
静岡県立大学名誉教授
現代韓国朝鮮研究センター名誉センター長
(東京国際大学国際戦略研究所教授)

◎朴 喆煕(パク チョルヒ)
ソウル大学教授
(ソウル大学国際大学院長)


■日時
2017年2月15日(水曜日)18時30分~20時30分(開場18時00分)

■会場
あざれあ(静岡県男女共同参画センター) 2階・大会議室(静岡市駿河区馬渕1丁目17-14)

事前申込み不要, 参加費無料(当日先着140名[座席収容])

後援:朝日新聞社

お問い合わせ先

現代韓国朝鮮研究センター(奥薗)
電話:054-264-5349