グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



ジャーナリズム公開講座(全5回)第1回 講師 田原総一朗


盛況のうちに終了しました。多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
なお、当日は、講師の田原総一朗氏に代わり、急遽、当センター特任教授 小川和久(軍事アナリスト)が講師を務めました。当日の講演内容は、下記YouTubeサイトにてご覧いただけます。
田原氏には、第5回(2014年2月20日(木))に、改めて講演いただく予定です。

【小川和久氏】いま、なぜジャーナリズム公開講座なのか(YouTobe)

【静岡県立大学ジャーナリズム公開講座第1回 映像】
演題: NEWSを疑え! いま、なぜジャーナリズム公開講座なのか
講師: 小川和久(静岡県立大学特任教授、軍事アナリスト)

(0:00) 主催者あいさつ(静岡県立大学学長 木苗直秀)
*1分19秒から1分20秒にかけて、約50秒間の映像が抜けております。
(5:40) 田原総一朗氏メッセージ代読(日本大学芸術学部講師 坂本衛氏)
(7:36) 講演



<以下、事前案内の内容です>

画像をクリックするとPDFファイルが開きます
(PDF:2.30MB)

ジャーナリズム公開講座(全5回)第1回
「テレビにジャーナリズムはあるか?」
講師 田原総一朗氏 (10月3日(木))


■日時
2013年10月3日(木曜日) 18時30分~20時30分

■会場
B-nest(ビネスト、新静岡駅前ペガサート6階)

主催者あいさつ

静岡県立大学 学長 木苗 直秀
このたび静岡県立大学では、ジャーナリズム公開講座を開設することになりました。その開講により、「ジャーナリズムの向上による民主主義の成熟」を目指しています。
納税者(国民)を国家社会の主人公とする民主主義のシステムにおいては、納税者の代表である国会、ジャーナリズム、アカデミズム(シンクタンクを含む)が専門的知見によって政府の動向を不断に検証し、ときには助ける営みが必要不可欠です。その中心は、自らを含む納税者の代表をも検証できるジャーナリズムであることは言うまでもありません。
しかし、残念なことに、日本にはそうしたジャーナリズムの位置づけが希薄で、とりわけ専門知識が問われる安全保障、危機管理、原子力、ITなどの科学分野においては、十分な検証能力を備えていない印象さえあります。
そんな日本の現状を打開し、日本と静岡の安全と繁栄を確かなものにしたいとの思いから、日本でオンリーワンのジャーナリズム講座の開設を視野に、本公開講座をスタートさせることになりました。皆様のご出席と意見交換を大いに期待しております。

静岡県立大学ジャーナリズム公開講座(全5回)

第2回/11月7日(木) 坂本 衛(日本大学芸術学部講師)
第3回/12月5日(木) 長野 智子(ニュースキャスター)
第4回/1月23日(木) 柴山 哲也(立命館大学客員教授)
第5回/2月20日(木) 小川 和久(静岡県立大学特任教授)

※講師の都合により、変更する場合があります。

お申し込み方法

下記サイトから申込み用紙をダウンロードし、下記お問い合わせの宛て先までFAXまたはE-mailをお送りください。

http://xfs.jp/ASIA8
(ページに入りましたら、「http://firestorage.jp/download/4eb8849d0722c0ed9797a1f00b626a3cf33d9a30 journalism1003.pdf」をクリックしてください。)

※先着順100名で定員になり次第申込み用紙の配布を中止させていただきます。
※原則として5回とも出席いただきます。ある回を欠席した後、次回以降に出席される場合は、事前にFAXまたはメールでご連絡いただきます。

お問い合わせ先

グローバル地域センター特任助教 西 恭之
FAX:054-245-5603
E-mail:nishi(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp