平成27年度静岡県立大学公開講座

平成27年度 静岡県立大学公開講座「小鹿キャンパス・短期大学部会場」、「西部会場」、「中部会場」の 
受講者を募集します。


※会場ごとに申込方法、申込先が異なりますので、ご注意の上、お申し込みください。

■テーマ
<県立大学小鹿キャンパス・短期大学部会場>
「長寿社会を豊かに生きる〜健康は「おいしい」と感じる幸せから〜」(全4回)短期大学部(歯科衛生学科)
※募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

<西部会場>
「世界を見る目:環境、行動、文化」(4回連続)国際関係学部

<中部会場>【静岡市葵生涯学習センター共催】
「静岡の地域、くらし、未来」(4回連続)経営情報学部



27年度公開講座 リーフレット(10月・11月開催)(PDF:1.77MB)

小鹿キャンパス・短期大学部会場「長寿社会を豊かに生きる〜健康は「おいしい」と感じる幸せから〜」(各回)-短期大学部ー

<会場> 短期大学部102講義室(静岡市駿河区小鹿2-2-1)
<時間> 各回午後1時~2時30分
<募集人員> 60人
<受講対象> 15歳以上の県民
<費用> 無料
<申込期限>9月16日(水)必着    ※募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。
■ 短期大学部 ホームページはこちら

10月3日(土)
13時00分~14時30分
口腔の形態と機能の発育
教授  田中丸 治宣

口腔は多くの機能を持っており、哺乳機能は生まれた時に備わっています。また、乳歯や
永久歯が生えるにしたがって口腔の機能は変化します。
本講座では歯列の発育と口腔の機能について考えてみたいと思います。
10月17日(土)
13時00分~14時30分
歯の健康を守ることが体の健康を守る
准教授 野口 有紀

歯を失う原因の多くは、むし歯や歯周病によるものです。
食べることは命を支えるうえで大切です。何歳になっても「元気に会話ができる」
「おいしく食事を食べることができる」ように、お口の健康を守る方法について具体的に
お話をします。
10月24日(土)
13時00分~14時30分
体の栄養・心の栄養 ~あなたの笑顔は私の元気~
NTT東日本関東病院リハビリテーション科部長 稲川 利光

あなたは日頃からきちんと栄養が摂れていますか?
病気の予防やリハビリにはこの栄養は欠かせません。栄養にはふたつの栄養があります。
ひとつは食事で得られる体の栄養。もうひとつは人と人との関わりから得られる心の栄養
です。どちらも人が生きていく上でとても大切です。
今回はその話をさせていただきます。
10月31日(土)
13時00分~14時30分
長寿の鍵は“口”にあり ~口腔ケア最前線~
准教授 鈴木 温子

生涯に渡り自分の口で美味しく食べることは人間にとって大きな楽しみであり、生きる
意欲にもつながり脳や身体を活性化させます。今回は加齢に伴う様々な口腔機能低下の
リスク、咀嚼と脳の関係、歯周病と全身疾患の関係についてお話します。


西部会場「世界を見る目:環境、行動、文化」(4回連続)-国際関係学部ー

<会場> 浜松市地域情報センター ホール(浜松市中区中央1-12-7)
<時間> 各回午後2時~4時
<募集人員> 120人
<受講対象> 15歳以上の県民
<費用> 無料
<申込期限> 9月18日(金)(必着) ※募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

10月10日(土)
14時00分~16時00分
フランス文学の描く旅
講師 浅間 哲平

命をかけて旅をする、かつて、そのような時代がありました。しかし、いつからか人間は
旅を娯楽とするようになります。フランス語に「ツーリズム」の語が現れた19世紀「旅」
はどのようであったか、文学作品を通してみていきます。
10月17日(土)
14時00分~16時00分
東南アジアの人の国際移動
教授 石井 由香

現在は「国際移民の時代」であると言えます。本講座では東南アジアの状況に注目し、
特にシンガポールの外国人労働者・移民政策と国民と外国人の関係についてとりあげ、
人の国際移動が何をもたらすのかを考えます。
10月24日(土)
14時00分~16時00分
アフリカ熱帯雨林の環境と文化
助教 松浦 直毅

遠いアフリカの森で起こっている問題は、じつは私たちの生活とも密接につながっていま
す。アフリカ熱帯雨林の環境、生活、文化について現地調査のエピソードをまじえて紹介
するとともに、現代における地域の課題について考えます。
10月31日(土)
14時00分~16時00分
地球温暖化問題と国際貿易
講師 石川 義道

国際貿易・通商の促進は社会全体を豊かにするが、時にそれは環境破壊的な産品の
製造・取引を増加させ、結果として近年問題とされる「地球温暖化問題」の一因を担って
きた。そこで本講座では、経済発展と環境保護を両立させるような国際貿易のあり方に
ついて考えていく。

中部会場「静岡の地域、くらし、未来」(4回連続)-経営情報学部ー 【静岡市葵生涯学習センター共催】

<会場> アイセル21 静岡市女性会館・葵生涯学習センター複合施設 1階ホール(静岡市葵区東草深町3-18)
<時間> 各回午後2時~4時
<募集人員> 120人
<受講対象> 15歳以上の県民
<費用> 無料
<申込期限> 10月16日(金)(必着)
※募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

11月7日(土)
14時00分~16時00分
静岡の地域産業の現状とこれから
教授 西野 勝明

静岡県は多様な産業群を持っていますが、今世紀に入り、企業の海外展開や、国内の人口
減少などにより大きな転換期を迎えています。地域産業が直面する課題と今後の方向性を
探ります。
11月14日(土)
14時00分~16時00分
静岡におけるまちづくり
講師 岸 昭雄

少子高齢化、人口減少に直面し、まちづくりに対する考え方が再考されています。
まちづくりの計画立案の手法について解説し、静岡市の事例からまちづくりの未来について
考えてみます。
なお、当日は静岡市の都市計画について、静岡市から担当者をお招きして最新の状況を解説
していただきます.
11月21日(土)
14時00分~16時00分
静岡の介護とその未来
准教授 東野 定律

静岡県の高齢化率は過去最高の25.9%になり4人にひとりが高齢者の時代に本格的に突入し
ています。高齢者が住み慣れたまちで安心して暮らすための地域包括ケアシステムを中心と
した今後の政策動向について紹介します。
11月28日(土)
14時00分~16時00分
静岡の医療とその未来
教授 西田 在賢

わが国の今後の年齢構成の変化は医療費の動向に大きく影響するため、病院や診療所などの
経営も大きな潮目を迎えると考えられる。そこで、これからの静岡県内の医療提供の在り方
について考えてみたい。


お申し込み先・お申し込み方法

小鹿キャンパス・短期大学部会場
お申込み・お問い合わせ先お申し込み方法
〒422-8021
静岡市駿河区小鹿2丁目2-1
静岡県立大学短期大学部 
公開講座担当

電話 054(202)2610  
FAX 054(202)2612 
Eメール
sizstu3@u-shizuoka-ken.ac.jp
9月16日(水)締切(必着)  ※募集は終了しました
申込み多数の場合抽選。募集人員に達しない場合、以後、先着順で受付。
短期大学部ホームページで御確認ください。)

ハガキ、FAX、Eメールのいずれかの方法で、次の事項を記入の上、
左記あてにお申込みください。
①「短期大学部 公開講座希望」
②希望日明記(複数日希望可) 
③郵便番号・住所
④氏名(ふりがな)
⑤性別
⑥年齢
⑦電話番号



西部会場 (浜松市地域情報センターホール)
お申込み・お問い合わせ先お申し込み方法
〒422-8526
 静岡市駿河区谷田52-1
 静岡県立大学
 企画調整室
 公開講座担当


電話 054(264)5106
FAX 054(264)5099

Eメール
kouza2015@u-shizuoka-ken.ac.jp
9月18日(金)締切(必着) ※募集は終了しました。

申込み多数の場合抽選。募集人員に達しない場合、以後、先着順で受付。

ハガキ、FAX、Eメール又は下記の申込フォームからの、いずれかの方法で、
次の事項を記入の上、左記あてにお申込みください。

①「県立大学公開講座 西部会場希望」
②郵便番号・住所
③氏名(ふりがな)
④性別
⑤年齢
⑥電話番号

⇒インターネットからのお申し込みはこちら(申込フォーム
⇒インターネットからのお申し込みを取り消したい場合はこちら(取消フォーム

中部会場  (アイセル21)
お申し込み先お申し込み方法
〒420-0865
静岡市葵区東草深町3-18
静岡市葵生涯学習センター 

電話 054(246)6191

静岡市葵生涯学習センター
ホームページ
http://sgc.shizuokacity.jp
10月16日(金)締切(必着)
申込み多数の場合抽選。募集人員に達しない場合、以後、先着順で受付。
   ※募集は終了しました。
往復ハガキまたは静岡市生涯学習センターホームページ内の申込みフォームで、
次の事項を記入の上、左記あてにお申込みください。
①「県立大学公開講座 中部会場希望」
②郵便番号・住所
③氏名(ふりがな)
④年齢
⑤性別
⑥電話番号


お問い合わせ先
〒422-8526
静岡市駿河区谷田52-1
静岡県立大学 企画調整室
公開講座担当

電話 054(264)5106

※注意事項

(1) 会場毎に、申込方法・申込先・受付期間等が異なりますので、注意してください。
(2) お一人で複数の会場を希望される場合は、希望会場ごとにお申込みください。
(3) 中部会場を除く受講者には受講者票をお送りします。(抽選により外れた場合、又は、募集人員に達した場合は、その旨連絡します。
 なお、中部会場の応募者には静岡市葵生涯学習センターから連絡します。)
(4) 開催当日の天候(暴風警報または気象に関するすべての特別警報)、交通機関の不通、講師の病気、その他やむを得ない事情により、講座を中止又は延期する場合があります。
(5) お申し込み頂いた個人情報は、適切な方法で管理し、今回の公開講座に使用する他、今後の公開講座及びその他の本学主催の一般県民向け講座の御案内に使用する場合があります。


※ 交通の御案内

<小鹿キャンパス・短期大学部会場>
JR静岡駅北口⑧番乗場からしずてつバス美和大谷線(東大谷方面行)
又は小鹿線に乗車「小鹿局前」下車(所要15分)

<西部会場> 
JR浜松駅北口から徒歩10分
遠鉄遠州病院前駅から徒歩3分


<中部会場>
JR静岡駅⑩番乗り場から、しずてつバス県立病院高松線
又は駿府浪漫バス乗車「アイセル21」下車(所要20分)


※駐車場について・
・短期大学部会場は、学内の駐車場(無料)の利用が可能です。
・西部会場は、隣接の駐車場(有料)の利用が可能です。
・中部会場は、生涯学習センター駐車場に駐車してください。

いずれの会場もスペースに限りがありますので、なるべく公共交通機関を御利用ください。


平成27年度 終了講座

多数のご応募ありがとうございました。

■テーマ
<県立大学谷田キャンパス会場>
「住み慣れた地域で暮らすことの準備と心構え」(4回連続)看護学部

27年度公開講座 リーフレット(6月・7月開催)(PDF:743KB)


<東部会場>【富士市共催】「富士市民大学前期ミニカレッジ」
「食べ物と薬のお話〜生活習慣病を予防しよう!薬と賢く付き合おう!〜」 (6回連続)薬学部/食品栄養科学部