グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



学科紹介(取得できる資格)

薬学的思考力と倫理観を備えた創造性豊かな人材の育成を目指して

2006年度から薬学部の組織は改変され、6年制の薬学科と4年制の薬科学科の2学科が設置されました。薬学科では医療チームの一員として活躍できる高度な専門知識を持った薬剤師および医療薬学研究者を、薬科学科では薬学関連分野における高度な専門性を身に付け国際的に評価される薬学研究者の育成を目指します。


薬学科 -薬剤師・医療薬学研究者を目指す-

実務実習

実務実習

医療技術の高度化とともに、医薬品の安全かつ適正な使用を推進するため、薬剤師には調剤業務に加えて、服薬指導、薬の服用歴管理、処方設計の支援、薬害防止のためのリスクマネジメントヘの参加、医薬品情報の提供、さらに治験の推進といった業務が強く求められています。そこで、6年制の本学科では薬学共通科目とともに教養教育、医療薬学教育および実務実習が行われます。特に病院実務実習は、主に静岡県立総合病院内の「薬学教育・研究センター」にて行なわれ、充実した実習・教育環境が整えられています。国内唯一、医療現場に実務教育・研究拠点を設置している本学科では、「創薬」・「育薬」を指向したトランスレーショナル・リサーチとしての臨床試験にかかわる実習・研究も実施されます。


薬科学科 -創薬科学者への道を開く-

卒業研究

卒業研究

4年制の学科で、「薬」を中心としたサイエンスを学び、ライフサイエンスの研究者・技術者としての基礎的能力の涵養をはかります。大学院に進学することで、製薬企業や大学で研究・開発に携わる人材、行政や医薬情報担当者など幅広く活躍できる人材を養成します。本学科は、主として医薬品の創製、研究開発、製造に関する基礎教育に重点をおき、生命科学や環境科学に関する専門分野をも合わせ持つ総合的な学科です。有機化学、物理化学、生物化学の基礎のうえに成り立っており、創薬科学大講座、生命薬科学大講座、漢方薬研究施設、薬草園及び創薬探索センターから組織されています。これら講座、研究室での教育・研究活動により、「創薬」の新たな基盤構築に貢献することを目指しています。


取得できる資格

薬剤師および臨床検査技師の受験資格

2006年度から薬剤師国家試験受験資格は、原則、6年制薬学科の卒業生に与えられることになりました。6年制の薬学科では薬剤師国家試験受験資格が取得できます。4年制である薬科学科卒業者については、2017年度までの入学者に限って、薬学部大学院修士課程を修了後、臨床実務実習を行ない、6年制である薬学科卒業者と同等以上の能力を持つと厚生労働大臣が個別に認めた場合に、薬剤師国家試験を受験することができます。


卒業後の進路

静岡県立大学薬学部における薬学科および薬科学科の特性を生かした場合、卒業の進路や就職先は下記のようになると予想されます。

薬学科を卒業した場合

薬学科を卒業すると、薬剤師の資格を生かして、病院や薬局で薬剤師になる、あるいは、医療従事や薬事行政の職に就くことができます。

また、大学院薬食生命総合学府博士後期課程の薬学専攻(4年間)に進学し、薬学の研究を極めることができます。博士後期課程を修了すれば、薬学部教育研究職、製薬企業や研究機関などの研究職の道が開けます。

薬科学科を卒業した場合

薬科学科を卒業すると、薬学の知識を生かして製薬企業などの技術や営業職、あるいは公務員に就くことができます。

大学院薬食生命科学総合学府の博士前期(修士)課程(2年間)、あるいはさらに博士後期課程(3年間)に進学し、薬学の研究を極め、大学の教育研究職や企業・研究機関などの研究職を目指すことができます。

なお、2017年度までの入学者に限って、修士課程を修了後、博士後期課程に進学し、長期実務実習を履修すれば、薬学科卒業者と同等以上の能力を持つと厚生労働大臣が認めた場合に限り、薬剤師国家試験を受験することができます。

参考 (PDFのダウンロード)



PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

Get AdobeReader®


薬学部についてもっと知りたい方へ

静岡県立大学薬学部では独自でwebサイトを運営しています。
「静岡県立大学薬学部へ進学を考えている」「学部についてもっと詳しく知りたい」という方は是非ご覧ください。

>>学部特設サイトへ(別ウィンドウで開きます)

薬学部特設サイト