グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



教育方針



アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

実習風景

薬学部は、「医療を通じて人類の健康に貢献する総合科学としての薬学を通して社会に貢献する人材を育成する」という理念のもとに、医療の担い手として貢献する倫理観を備えた薬剤師の養成、および創薬科学、生命薬学を担う創造力豊かな研究者や高度専門職業人の育成を目指しています。大学人としての教養を身につけ、世界に通用する語学力を養うとともに、化学、物理、生物を基盤とした薬学的基礎知識とその応用展開能力を醸成し、医薬品の開発現場や医療現場で活躍できる人材の育成に努めています。こうした指導的立場で、薬学人として社会に貢献したいという強い信念と情熱を有する人材を求めます。また自ら積極的に学ぶ学習意欲と科学的探求心を有し、社会のニーズに柔軟に対応できる創造力と論理的思考力を有する人材を歓迎します。


カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

薬学科(6年制)

豊かな人間性と医療人としての品格を持ち、科学に立脚した最先端の薬物治療を行う能力とともに、医療薬学領域の研究を遂行する能力を兼ね備えた薬剤師を育成します。病院・薬局などの医療現場で活躍し多職種連携に貢献できる人材だけでなく、県民や国民の安心・安全のために薬務行政・保健衛生に従事する人材や企業等において研究開発に携わる人材を育成します。

・ 医療人に求められる高い教養と世界に通用する語学力を身につけさせる
・ 患者主体の立場で寄り添う倫理観と強い使命感を養わせる
・ 基礎科学に裏打ちされた最先端の医療知識と技能を身につけさせる
・ 問題点を発見・解決する能力や研究を計画・遂行する能力を身につけさせる
・ 薬物療法を提案し実行する能力を身につけさせる
・ 最先端のレギュラトリーサイエンスを理解させる
・ 生涯にわたって自己研鑽し、後進の教育に積極的に関わる使命感を養わせる

薬科学科(4年制)

薬がヒトに使われることを自覚し、創薬科学や生命科学の未来を担い得る、幅広い専門知識と技能を有する人材を育成するのみならず、自然科学や社会科学の様々な分野で指導的に活躍できる創造力豊かな人材を育成します。研究者・技術者として高度な専門知識と技能を習得するため、大学院への進学を想定しています。

・ 国内外の様々な分野で活躍するための広範で深い教養を身につけさせる
・ 物理・化学・生物を基盤とする薬学的基礎知識・技能とその応用展開能力を身につけさせる
・ 世界に通用する語学力を身につけさせる
・ 研究者・技術者に求められる独創性や問題発見・問題解決能力を身につけさせる
・ 健全な科学倫理を養わせる


ディプロマポリシー(学位授与の方針)

薬学部においては、薬学人としての健全な倫理観をもち、先導的または指導的立場で地域社会の発展のみならず人類の健康長寿に貢献し、医療やライフサイエンス分野、創薬分野等においてグローバルに活躍できる高度専門職業人を育成します。

薬学部所定の期間在学し、学部の教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数以上を修得することが学位授与の要件である。修得すべき授業科目には、講義科目のほか、演習や実習、フィールドワークや卒業研究論文作成等の科目が含まれる。


薬学部についてもっと知りたい方へ

静岡県立大学薬学部では独自でWebサイトを運営しています。
「静岡県立大学薬学部へ進学を考えている」「学部についてもっと詳しく知りたい」という方は是非ご覧ください。

>>学部特設サイトへ(別ウィンドウで開きます)

薬学部特設サイト