グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



創立30周年記念シンポジウム「男女共同参画で拓く大学の未来」を開催しました


ホーム >  ニュース >  創立30周年記念シンポジウム「男女共同参画で拓く大学の未来」を開催しました

静岡県立大学 創立30周年記念シンポジウム -SD研修会―

シンポジウム「男女共同参画で拓く大学の未来」を開催

3月3日に、東京大学から2名の学外講師を招き「男女共同参画で拓く大学の未来」と出したシンポジウムを開催しました。「結婚相手を決める前に保育所を決めていました」という注目の冒頭から始まる瀬地山氏による講演では、東京大学が持つ保育所運営事例の成果や、男女学生の意識を変え、性別役割分業に縛られないジェンダー平等な結婚・家族の実現のためにジェンダー教育がいかに重要かを統計データから説明いただきました。山口氏からは、教職員のワークライフバランス実現に向けた取組みや、保育施設の整備・運営、女性教員メンター制度などの女性研究者キャリア支援等、全国でも先駆的な東京大学男女共同参画室の取組みについて講演いただきました。最後には鬼頭学長と薬学部の黒川教授、経営情報学部の国保講師も登壇し、講師とのパネルディスカッションも行いました。

ジェンダー教育の重要性を説明する瀬地山氏

山口氏による東京大学男女共同参画室の取組みについての講演

パネルディスカッションの様子



(2017年3月10日)

モバイル表示

PC表示