薬学部教員が日本糖質学会 平成26年度奨励賞を受賞


薬学部 生化学分野の高橋忠伸講師が、日本糖質学会 平成26年度(第17回)奨励賞を受賞しました。
日本糖質学会 平成26年度(第17回)奨励賞は、平成23年7月1日以前から継続して日本糖質学会会員であり、糖質科学の分野で優れた研究成果を挙げた満40歳以下(平成25年7月1日現在)の研究者に対して与えられる賞です。日本糖質学会会員が候補者を推薦し、日本糖質学会理事会にて選出した委員による授賞選考委員会により被推薦者中から約10名以内の候補者が選ばれます。候補者は詳細な応募書類を提出し、再度、授賞選考委員の審査により3名の平成26年度奨励賞が決定されました。

8月10~12日に名古屋大学で開催される第33回日本糖質学会年会において、「呼吸器ウイルス感染におけるウイルス糖タンパク質および糖鎖の役割解明」のテーマで受賞講演が予定されています。

◎受賞テーマ
高橋 忠伸
呼吸器ウイルス感染におけるウイルス糖タンパク質および糖鎖の役割解明

【関連リンク】
静岡県立大学 薬学部 生化学分野ホームページ(別ウィンドウで開きます)



(2014年7月10日)