県立大発ベンチャーが第25回ニュービジネス大賞を受賞


県立大発ベンチャー「けんだいがかり」が第25回ニュービジネス大賞を受賞

唾液から乳がんリスクを検出

株式会社けんだいがかり 木苗貴秀副社長(中央)

11月10日(木)、県立大発ベンチャー株式会社けんだいがかりの「唾液を用いた乳がんの初発・再発転移がんリスク検出システムと検出キット製品化」が、静岡県ニュービジネス協議会 第25回ニュービジネス大賞を受賞しました。

本賞は、新規事業の創造にチャレンジし、ビジネスチャンスを的確に捉え、新たな事業展開を図り発展している企業・団体に贈られる賞で、応募があった15件の中から、新規性や市場性などのポイントを審査、選考されました。今後、全国大会に進む予定です。
なお、本事業は、薬学部 豊岡利正教授の研究成果を事業化した内容です。

受賞日時 :2016年11月10日(木)
場 所 :グランディエールブケトーカイ
主 催 :一般社団法人 静岡県ニュービジネス協議会
協議会会員:静岡県内企業等 約140社
※本学の副学長 奥村昭博特任教授が静岡県ニュービジネス大賞
審査委員長を務めています。

※複製転載禁止
静岡新聞(平成28年11月11日掲載)/静岡新聞社編集局調査部許諾済み

従来の乳がん診断法と唾液を用いる新規診断法

(2016年12月2日)