熊本県立大学への安否情報システムの提供


本学経営情報学部の湯瀬裕昭教授が、4月18日(月)に平成28年熊本地震の被災地にある熊本県立大学を訪れ、本学で開発と運用を行っている安否情報システムの技術提供を申し入れました。
4月26日(火)、湯瀬教授が熊本県立大学向けに改良した安否情報システムを熊本県立大学が利用開始することとなりました。

1 安否情報システムについて

学生が自身の安否(怪我等の状態)を大学に報告するシステム。大学からのお知らせを確認することもできます。

安否情報システム

2 静岡県立大学の安否情報システムについて

本学では、1999年から安否情報システムの開発と試験運用を行い、2003年から本運用とシステムの改良を行っています。今回、熊本県立大学に提供したシステムは、東日本大震災の経験をもとに作り直した本学の安否情報システムを、熊本県立大学の要望を取り入れ、改良したものです。

お問い合わせ先

静岡県立大学 総務部総務室 坂井
電話:054-264-5102  
メールアドレス:soumu8(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp


(2016年4月27日)