本学教員が2016年度日本薬剤学会旭化成創剤研究奨励賞を受賞


受賞式の様子

薬学部 創剤科学分野の岩尾康範准教授は、2016年5月19日~21日に開催された「日本薬剤学会第31年会」において、2016年度日本薬剤学会旭化成創剤研究奨励賞を受賞しました。同賞は、製剤の機能化、最適な投与方法とそれに合った剤形開発、製剤の処方研究によって、国際的にも高く評価され得る医薬品製剤の開発に必要な製剤化の新しい科学と技術の発展に顕著な功績を挙げた者に授与される賞です。岩尾准教授には、日本薬剤学会の今井輝子会長から表彰状と副賞が授与されました。
今回の受賞の対象となった研究テーマは、「マイクロ波を利用した新規口腔内崩壊生薬錠の開発に関する研究」であり、安全性・有効性の高い生薬粉末の新規口腔内崩壊錠作製技術の開発に成功したものです。本製剤は超高齢化時代における高齢者の健康増進を推し進める重要なセルフメディケーショナル医薬品またはサプリメントとなることが期待されています。

【関連リンク】
日本薬剤学会
日本薬剤学会第31年会
静岡県立大学薬学部
静岡県立大学薬学部 創剤科学
(すべて別ウィンドウで開きます)


(2016年6月7日)