薬学部生が日本医薬品情報学会総会・学術大会で優秀演題賞を受賞


6月4日~5日に東京都町田市で行われた第19回日本医薬品情報学会総会・学術大会において、薬学部薬学科6年(医薬品情報解析学分野)の野口真里茄さんが優秀演題賞(演題タイトル;健康食品の摂取に伴う有害事象情報の収集と報告:保険薬局を対象とした調査)を受賞しました。この賞は、医薬品情報学の発展に寄与する優秀な口頭発表を行った研究者に対し贈られるものです。なお本発表は、本学薬学部医薬品情報解析学分野、同臨床薬剤学分野、国立健康・栄養研究所の共同研究で行われました。

第19回日本医薬品情報学会総会・学術大会 優秀演題賞を受賞した野口真里茄さん

【関連リンク】
表彰演題-医薬品情報学会 総会・学術大会-JASDI-(別ウィンドウで日本医薬品情報学会のサイトが開きます)
静岡県立大学薬学部(別ウィンドウで薬学部のサイトが開きます)
医薬品情報解析学研究室(別ウィンドウで医薬品情報解析学研究室のサイトが開きます)


(2016年6月9日)