小学生向け食品科学体験ワークショップを出展しました


6月25日(日)に開催された静岡科学館る・く・る“サイエンス玉手箱”に、食品栄養科学部の学生サークル(Food Labo※)と教員が食品科学体験ワークショップ「パッと変身!? 食べ物のふしぎ!」を出展しました。

参加した190人以上の子供たちは大学生に教わりながら自分自身で実験を行い、身近な食品に秘められた科学を楽しみながら体験しました。

■実験内容
実験1 レモンでお絵描きをしよう
実験2 10円玉をピカピカにしよう
実験3 カメレオン焼きそばを見てみよう

※Food Laboは今年設立された学生サークルで、「食の科学の楽しさを発信する」ことを目標に活動しています。
twitter(別ウィンドウで開きます)

【関連リンク】
静岡科学館 る・く・る公式サイト(別ウィンドウで開きます)


(2016年6月27日)