本学教員が第6回アフリカ開発会議サイドイベントでモデレーター


国際関係学部の島田剛・准教授がパネルディスカッションのモデレーターを務めたセミナー「産業政策を通じたアフリカの構造転換とアジェンダ2063の実現」が8月26日にケニア・ナイロビで実施されました。
このセミナーは第6回アフリカ開発会議(TICAD)のサイドイベントとして実施されたもので、国際協力機構(JICA)、国連開発計画(UNDP)、アフリカ開発銀行(AfDB)、コロンビア大学政策対話イニシアティブ(IPD)との共催で開催されました。

登壇したのは、スティグリッツ・コロンビア大学教授(ノーベル経済学賞受賞者)、JICA北岡伸一理事長、UNDPヘレン・クラーク総裁など。島田准教授は、スティグリッツ教授も加わったパネルディスカッションのモデレーターを務めました(詳細なプログラムは下を参照)。

このイベントは、コロンビア大学とJICA研究所の共同研究の成果として、島田准教授も1章を書いて出版された書籍「Industrial Policy and Economic Transformation in Africa(コロンビア大学出版会)」の出版も記念して行われ、この書籍の議論に基づいてセミナーが実施されました。

セミナーで、開会の挨拶に立った北岡伸一JICA理事長は、アフリカにとっての産業化の重要性を述べた後、日本の明治期の産業化について紹介しました。また、産業分野においてJICAが展開するカイゼンの取り組みや、アフリカの学生に日本への留学機会とインターンシップを提供する「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)」を紹介しました。更に、産業化を支える基盤として農業・教育分野の発展が必要であると述べました。

続く、スティグリッツ教授の基調講演では、冒頭、JICAとのこれまでの共同研究に感謝を述べつつ、アフリカが雇用の創出や構造転換を実現するための戦略として、学びつつ産業政策を計画し実施していく「学習社会(Learning Society)」を築くことの重要性を特に強調しました。そして、これがアフリカの「ダイナミックな比較優位」を生かす産業政策上の鍵であると強調しつつ、出版された本の中で島田准教授が紹介しているJICAのアフリカにおけるカイゼンの支援は学びを促進するものとして良い事例であると述べました。また、格差が拡大する現状の中で経済の指標としてGDPが指標として抱える課題を指摘し、雇用、格差、安定、持続性、環境負荷等を計測するための新たな指標の導入が必要であると提唱しました。

ヘレン・クラーク、国連開発計画(UNDP)総裁、チャールズ・ボアマ、アフリカ開発銀行(AfDB)副総裁の基調講演に続いて行われたパネルディスカッションでは、島田准教授がモデレーターを務め、アフリカの構造転換のボトルネックとはなにか、また、どのような政策が必要とされるかをテーマにパネリスト及びスティグリッツ教授がコメントを行いました。

議論の中では、開発金融や為替政策といった幅広い産業政策を取ることの重要性、イノベーションや、貿易体制も考慮に入れた長期的なビジョンを持った開発計画を作ることの必要性などが指摘されました。

最後に、閉会の挨拶に立った北野尚宏JICA研究所長は、開発現場のプラクティスと研究の対話が重要であると述べ、両者をつなぐJICA研究所の使命と役割を紹介しました。また、スティグリッツ教授とJICA研究所が現在進めている「質の高い成長」の研究についても、更なる研究の推進と現場事業への反映に取り組んでいくと総括しました。

島田剛・准教授(写真左)がモデレーターを務め、スティグリッツ教授も参加したパネルディスカッション

基調講演を行うヘレン・クラーク
国連開発計画(UNDP)総裁
(写真:久野真一/JICA)

基調講演で島田剛・准教授らと出版した本を紹介する
スティグリッツ教授
(写真:久野真一/JICA)

(以下、当日のプログラム)

TICAD VIサイドイベント「産業政策を通じたアフリカの構造転換とアジェンダ2063の実現」
日時: 2016年8月26日(金)13:00-15:00
会場: ケニア・ナイロビ Hilton Nairobi Hotel、Amboseli Room
当イベントは、Agenda 2063に掲げられている経済構造転換を実現するための産業開発政策についての理解を深めることを目的としています。アフリカが持続的且つ包摂的な経済成長を促進するにあたって直面する各種課題(経済の多様化、労働生産性の向上、若者の雇用創出等)に対して、市場、政府がそれぞれ果たすべき役割を論じます。また政府は産業政策をどのように策定し、実施に移すべきなのか、アジアにおける経験はアフリカにとって有効なのか等についても議論します。
登壇者:
【オープニング】
北岡伸一(JICA理事長)
【基調講演】
Prof. Joseph Stiglitz(コロンビア大学教授)
Miss Helen Clark(UNDP総裁)
Dr. Akinwumi Ayodeji Adesina(アフリカ開発銀行総裁)
【パネル・ディスカッション】
島田剛(モデレーター、静岡県立大学・准教授/JICA研究所招聘研究員)
Prof. Akbar Noman(コロンビア大学教授)
Dr. Yaw Ansu(African Center for Economic Transformationチーフエコノミスト)
Dr. Célestin Monga (AfDB副総裁・チーフエコノミスト)
Dr. Jomo Kwame Sundaram(元国連経済社会局 経済開発部事務局次長)
富吉賢一(JICA理事)
【クロージング】
北野尚宏(JICA研究所長)
主催:
JICA、国連開発計画(UNDP)、アフリカ開発銀行(AfDB)、コロンビア大学
使用言語:
英語・フランス語


【関連サイト】
第6回アフリカ開発会議(TICADVI :The Sixth Tokyo International Conference on African Development)が閉幕:初のアフリカ開催、歴史的成功へ貢献(2016年8月29日)
(別ウィンドウで「JICA研究所」のサイトが開きます)


(2016年9月1日)