本学大学院生および学部生が優秀発表賞を受賞


薬学部4年の栁澤拓摩さんが、8月27~28日にロッジ舞洲で開催された『第14回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2016)』において、若手研究者奨励賞を受賞しました。さらに、薬食生命科学総合学府博士後期課程1年の高山卓大さんが、9月2~3日に京都大学桂キャンパスで開催された『第29回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2016)』において、星野賞優秀発表賞を受賞しました。
発表演題は柳澤さんが「キラル誘導体化試薬の開発とアミノ酸の分離挙動解析」、高山さんが「誘導体化LC-MS/MS測定法による高精度キラルメタボロミクスの開発と生体試料分析への応用」です。高山さんはBMASにおいて2014年に続く2度目の受賞となりました。また、PPFでは研究室(生体機能分子分析学分野)から3年連続、BMASでは5年連続の受賞となりました。

柳澤さん

PPF2016にて
若手研究者奨励賞を受賞した柳澤さん

高山さん

BMAS2016にて
星野賞優秀発表賞を受賞した高山さん

【関連リンク】
薬学部生体機能分子分析学分野(別ウィンドウで開きます)


(2016年9月13日)