中国浙江省から短期留学生が来学


静岡県と友好提携している中国浙江省から、10月4日、短期留学生6名が来学しました。本学では一行のための日本語講座の開設、カンバセーションパートナーの割り当てを行いました。カンバセーションパートナーとは、留学生が日常生活で困ったことや助けが必要な場合に、助言や手助けを行う在学生のパートナーで、本学では新入留学生全員に割り当てています。
4日に行われた交流会では、奥村副学長を始め、国際関係学部の教員、カンバセーションパートナーの在学生が参加し、お弁当を食べながら日本の文化や習慣について話が弾みました。特に留学生とカンバセーションパートナーの在学生とは、まるで旧知の友人のように、すっかり打ち解けた様子でした。
短期留学生一行は、12月20日まで国際関係学部を中心に本学の講義を受講し、日本への理解を深めます。

交流会の様子

昼食会の様子

記念撮影


(2016年10月5日)