本学教員が日本感染症医薬品協会奨励賞を受賞


受賞した紅林助教

薬学部生化学分野の紅林佑希助教が、公益財団法人日本感染症医薬品協会より第18回日本感染症医薬品協会奨励賞を授与されました。本賞は、抗生物質及び関連医薬品の領域において、主として臨床に関連する優れた研究を行い、又は行いつつある者を発掘し、当該領域の研究を助成、育成すること等を目的とした賞で、40歳未満の研究者に贈られる賞です。
10月18日に学士会館(東京)で開催されたメディカル・サイエンスセミナーにて、授与式と受賞講演が行われました。

受賞者:紅林佑希
受賞題名:抗インフルエンザ薬耐性ウイルスの高感度検出分離法の開発と薬剤耐性化の機構解析

【関連リンク】
公益財団法人日本感染症医薬品協会ホームページ(別ウィンドウで開きます)



(2016年10月24日)