客員教授が編著「健康・機能性食品の基原植物事典」図書館に寄贈


寄贈

小幡館長(左)に編著書を手渡す黒柳客員教授(中央)と清水部長

黒柳正典本学客員教授が編著した「健康・機能性食品の基原植物事典-食薬区分(非医):写真で見る形態と食経験-」が、このほど一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会から刊行されました。この事典を同協会から本学附属図書館に寄贈いただけることになり、10月26日、黒柳正典客員教授と同協会業務推進部長清水浩一氏が附属図書館を訪れ、小幡壮館長に寄贈書を手渡しました。
本事典は、健康への関心の高まりに伴い、海外からわが国で食べられた経験のない健康食品も輸入される中、健康食品を利用する際に、その素材となる基原植物に関する正確な知識を持ってほしいと編集されました。食薬区分(非医)リストの植物由来成分本質(原材料)の821品目について、基原植物の学名と形態を写真とともに掲載し、食経験に関する詳しい情報、主要成分に関する情報と共に安全情報などを解説しています。



(2016年10月27日)