グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



2021年度入学者選抜(一般選抜)における英語資格・検定試験活用方法の変更について(予告)(2019年9月30日)


ホーム >  入試情報 >  学部入試情報 >  お知らせ >  2021年度入学者選抜(一般選抜)における英語資格・検定試験活用方法の変更について(予告)(2019年9月30日)

静岡県立大学経営情報学部では、2018年12月21日に予告した内容を下記のとおりに変更する予定ですのでお知らせします。
なお、詳細及びその他の変更につきましても、新たに決まり次第、本学Webサイトにて公表する予定です。

一般選抜における経営情報学部の英語資格・検定試験活用方法の変更について

経営情報学部では、一般選抜において、英語資格・検定試験を出願要件とし、出願資格は文部科学省の『各資格・検定試験とCEFRとの対照表』による「A2」以上とします。
出願資格の確認方法は、以下①〜③のいずれかとします。

①独立行政法人大学入試センターによって大学入試英語成績提供システムの参加要件を満たすと確認された民間の英語資格・試験の成績(A2以上)
②CEFRのA2レベル以上に相当する英語力があると認められることが明記されている出願者が在学するまたは卒業した高等学校等の校長による英語能力確認書
③何らかの理由により、①②のいずれも提出できない者については、その理由を明記した理由書

  
なお、他の学部における英語の外部検定試験活用方法は、2018年12月21日に予告した内容のとおりです。

【2018年12月21日】2021年度入学者選抜における英語の外部検定試験及び大学入学共通テスト記述式問題の活用方法について(予告)

PDFダウンロード

お問い合わせ

入試室 電話:054-264-5007

(2019年9月30日)

モバイル表示

PC表示