グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



2021年度 看護学部一般選抜前期日程の口頭試問中止及び後期日程の口頭試問実施内容について(2020年10月22日)


ホーム >  入試情報 >  学部入試情報 >  お知らせ >  2021年度 看護学部一般選抜前期日程の口頭試問中止及び後期日程の口頭試問実施内容について(2020年10月22日)

2021年度 看護学部一般選抜前期日程の口頭試問中止及び後期日程の口頭試問実施内容について

2021年(令和3年)2月25日実施の2021年度看護学部一般選抜前期日程では、個別学力検査として口頭試問と面接を実施することとしておりましたが、口頭試問の実施を中止し、配点を下記のように変更します。新型コロナウイルス感染症拡大状況下にあると予想される今年度の選抜において、前期日程で想定される受験者数を踏まえると当初予定の選抜内容では、受験生の健康面での安全確保が難しいと判断し中止としました。
なお、後期日程の個別学力検査は、試験内容の変更はせず口頭試問および面接を実施します。口頭試問の実施内容等については下記をご覧ください。

1 2021年度 看護学部一般選抜前期日程 配点

配点表

2 後期試験の口頭試問実施について

(1) 目的

受験生が静岡県立大学看護学部のアドミッションポリシーを理解し、そこで示された能力が備わっているかについて審査することを目的とします。
【看護学部アドミッションポリシー】
1)日本語および英語による聞く・話す・読む・書くというコミュニケーションの基本的な能力を身につけている。
2)ものごとを論理的に探求するために必要な高等学校の教育課程をバランスよく修得している。
3)多様な価値観を尊重し真摯な態度で「ひと」に向きあえる。
4)地域社会に看護職者として貢献する意思を持っている。

(2) 募集人員

一般選抜(後期) 5人

(3) 実施方法

一人あたりおよそ7分の口頭試問を行います。

(4) 内容

ものごとを論理的に探究するために必要な高等学校で学ぶ基礎的な内容に関する口頭試問を実施します。今年度は、【英語】の題材を用いて、アドミッションポリシーの 1)2)に示された能力をはかる試問を行ないます。

PDFダウンロード

(2020年10月22日)

モバイル表示

PC表示