グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



アドミッション・ポリシー


ホーム >  入試情報 >  学部入試情報 >  入学者選抜の概要 >  アドミッション・ポリシー


全学アドミッション・ポリシー

地域社会や国際社会で活躍する人材を育成するため、それぞれの学部および大学院においては次のような学生の入学を期待しています。
1.高等学校教育で修得する必要がある基礎学力と英語力を有している
2.教養科目と専門科目を自ら積極的に学び、活用できる向上心を有している
3.大学の学びを未来に向かって生かそうとする高い志を有している

薬学部アドミッション・ポリシー

薬科学科(4年制)

倫理観を含め大学人としての教養を身につけ、世界に通用する語学力を養うとともに、薬学の基盤となる知識とその応用展開能力を醸成し、医薬品の研究・開発で活躍できる人材の育成に努めています。また、大学院への進学を想定して、創薬・生命薬学研究を担う創造力豊かな研究者や高度専門職業人の養成を目指しています。これらの教育目標及び方針に立脚し、健全な倫理観を備え、薬学人として社会に貢献したいという強い信念と情熱を持ち、学習意欲と科学的探求心を有し、社会のニーズに柔軟に対応できる創造力と論理的思考力を有する人材を歓迎します。加えて、基礎薬学に軸足を置き、物理学・化学・生物学を基盤とした創薬研究や生命薬学研究に高い集中力で取り組める学生を求めています。

薬学科(6年制)

倫理観を含め大学人としての教養を身につけ、世界に通用する語学力を養うとともに、薬学の基盤となる知識とその応用展開能力を醸成し、医療現場で活躍できる人材の育成に努めています。また、医療の担い手として貢献する指導的立場の薬剤師や医療薬学領域の研究者の養成を目指しています。これらの教育目標及び方針に立脚し、健全な倫理観を備え、薬学人として社会に貢献したいという強い信念と情熱を持ち、学習意欲と科学的探求心を有し、社会のニーズに柔軟に対応できる創造力と論理的思考力を有する人材を歓迎します。加えて、医療や薬物治療に対する問題意識を常に持ち、他者と意見交換しながら論理的に問題解決へ向けて取り組む学生を求めています。

食品栄養科学部アドミッション・ポリシー

食品生命科学科

食品生命科学科は、次のような学生を求めています。
•食と健康に関心が高く、食を通して社会に貢献したいという意欲のある人
•食品の生産、開発、評価に必要な技術や探求心、思考力を身につけて、食品技術者・研究者として活躍したい人
•自ら考えて学ぶ意欲があり、地球的視点から多面的に物事を考えることができる人
•専門的な知識と実践的な能力を身に付け、食品技術者として活躍することを目指す人

食品科学とその基礎をなす数学、物理、化学、生物学の習得に必要な学力を有し、食品の生産、開発、評価に必要な技術や、技術者として求められる探求心、論理的な思考力、多様な人々と連携・協働するためのコミュニケーション能力、総合的な問題解決能力を身に付けられる人を求めています。

栄養生命科学科

栄養生命科学科は、次のような学生を求めています。
•食と健康に関心が高く、人々の健康増進と保健・医療へ貢献したいという意欲がある人
•栄養科学の専門家として、情報収集能力、論理的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力など、実社会で活躍するための実践的な能力を身につけたい人
•病院、行政、小中学校等において管理栄養士または栄養教諭として活躍するために必要な基礎および専門的な知識と実践的な能力を身につけたい人
•高度な専門知識と能力を身につけ、研究者、高度専門技術者、指導的立場を担う管理栄養士を目指す人

栄養科学とその基礎をなす数学、物理、化学、生物学の習得に必要な学力を有し、管理栄養士に必要な技術や、栄養科学分野の技術者として求められる探求心、論理的な思考力、多様な人々と連携・協働するためのコミュニケーション能力、総合的な問題解決能力を身に付けられる人を求めています。

環境生命科学科

環境生命科学科は、次のような学生を求めています。
•食と健康に関心が高く、より良い環境の創造を通して社会に貢献したい人
•フィールドワークや実験を根気強く行う忍耐力や集中力を有する人
•コミュニケーション能力を有し、他人と協調して自ら積極的に行動できる人
•環境に関する地域の課題からグローバルな問題、さらには微生物からヒトまでの生命のしくみについて幅広い興味を有する人
•高度な専門知識と能力を身につけ、研究者や高度専門技術者として指導的立場を担う環境の専門家を目指す人

環境科学とその基礎をなす数学、物理、化学、生物学の習得に必要な学力を有し、環境に関わる諸問題の解決に必要な技術や、技術者として求められる探求心、論理的な思考力、多様な人々と連携・協働するためのコミュニケーション能力、総合的な問題解決能力を身に付けられる人を求めています。

国際関係学部アドミッション・ポリシー

国際関係学部は、国際社会で活躍できる人材の育成を目指しています。具体的には、地球規模の視点と地域規模の視点を兼ね備え、さまざまな課題に対して適切に判断を下して行動できる、21世紀型地球市民としての優れた人材の育成を目指します。そのために、以下のような学生を求めます。

1.国語、外国語、数学等の学習を通して、文章の読解力や表現力、コミュニケーション力、論理的思考力等を身につけている人。
2.地理歴史や公民等の学習を通して、国際関係を理解するための前提となる、さまざまな地域の歴史や社会についての基礎知識を身につけている人。
3.さまざまな分野に知的好奇心を持つとともに、主体的な問題意識に基づく探究心を持って、情報収集や考察を行える人。
4.21世紀の激動する世界の動向に関心を持ち、国際関係の専門領域を学びたいと考えている人。あるいは、国家の枠組みを越えた集団や個人間の多様な関係について学びたいと考えている人。また、それらの学習を通して、グローバル化した世界や地域で活躍したいと考えている人。
5.人と人との関わりに興味を感じ、他者理解に豊かな想像力を駆使できるとともに、日本をはじめとする世界のさまざまな地域の言語や文化について、深く学びたいと考えている人。また、それらの学習を通して、グローバル化した世界や地域で活躍したいと考えている人。

経営情報学部アドミッション・ポリシー

経営情報学部では、刻々と変化する現代組織の要求や課題に対して、「経営」「総合政策」「データサイエンス」「観光」の4分野の融合と専門性により、現代社会の各分野でイノベーションを担う問題解決型の人材を育成する。そのため、次のような学生を求めている。

経営情報学部の求める学生像

1.ビジネスパーソン、組織マネージャ、アントレプレナー(起業家)など、企業におけるビジネスリーダーや、新規事業を創出する起業家を目指す学生
2.自治体・官公庁の職員を目指す学生
3.公営企業の職員やNPOなど非営利団体の経営スタッフを目指す学生
4.医療・介護の政策・経営を学び、医療機関や介護施設の経営スタッフを目指す学生
5.統計的知識を土台に多様で大量なデータ(ビッグデータ)から経営に役立つ価値を導き出すことができるデータサイエンティストを目指す人材
6.情報技術と経営・経済・法律等に精通したITコンサルタントなどを目指す人材
7.観光関連企業や団体の中核となる人材、あるいは、観光地全体の地域力を高める地域経営を担う人材などを目指す学生
8.商業、数学、情報の高等学校教員を目指す学生

看護学部アドミッション・ポリシー

看護はあらゆる「ひと」を対象にし、すべての人々が健康な生活を実現できるように支援します。本学部は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)に定める人材を育成するために、次に掲げる知識・技能や能力、意思を備えた人を求めます。

1) 日本語および英語による聞く・話す・読む・書くというコミュニケーションの基本的な能力を身につけている。
2) ものごとを論理的に探求するために必要な高等学校の教育課程をバランスよく修得している。
3) 多様な価値観を尊重し真摯な態度で「ひと」に向きあえる。
4) 地域社会に看護職者として貢献する意思を持っている。

モバイル表示

PC表示