グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



2021年度経営情報イノベーション研究科博士前期課程一次試験 英語能力判定テストおよび日本留学試験の中止に対する救済措置について(2020年6月11日)


ホーム >  入試情報 >  大学院入試情報 >  大学院入試における新型コロナウイルス感染症対応 >  2021年度経営情報イノベーション研究科博士前期課程一次試験 英語能力判定テストおよび日本留学試験の中止に対する救済措置について(2020年6月11日)

2021年度経営情報イノベーション研究科博士前期課程一次試験 英語能力判定テストおよび日本留学試験の中止に対する救済措置について

新型コロナウイルス感染拡大により、TOEIC®公開テスト(3月、4月、5月、6月実施分)が中止になり、TOEFL iBT®の試験会場も5月までは閉鎖となっていた都道府県がありました。また、6月実施予定であった日本留学試験も中止となりました。これらを踏まえ、2020年(令和2年)9月26日実施予定の経営情報イノベーション研究科博士前期課程一次試験では、下記のような対応を取ることとします。
種別 救済措置
日本留学試験 2021年度選抜に限り、日本留学試験の書類の提出は免除する。
英語能力判定テスト 2021年度選抜に限り、TOEIC® L&R公開テスト、TOEIC® L&R IPテスト、TOEFL iBT®、の公式認定証もしくはスコアレポートの提出を行わず、代わりに面接の中で英語力を確認することとする。

なお、上記措置は2021年度選抜限りの措置とする。
(注)今後の推移を踏まえ、措置を変更する可能性がある。

PDFダウンロード

(2020年6月11日)

モバイル表示

PC表示