グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学びの特色



食品栄養科学部では、「食」と健康に関する広い分野を学ぶことができます。3学科が融合しながら、「食」分野で活躍できる人材を育成します。

1. 生命科学を基盤とした教育と研究

講義風景

食品成分の機能性や個人ごとの栄養摂取量の提案など、「食」と健康に関して大きな関心が寄せられています。また、地球規模での食糧生産や食品の安心・安全の問題、環境汚染の問題等、「環境」と健康に関して多くの解決すべき課題があります。これらの課題に取り組むため、本学部では化学、生物学、物理学を基盤とした体系的な教育と研究を展開しています。

2. 社会において求められる力を養う卒業研究

研究風景

学部の講義・実験・実習で学んだ知識をベースとして、一人一人が個別のテーマに取り組み、その成果を論文にまとめ、発表会でプレゼンテーションします。卒業研究に真摯に取り組むことで、社会で活躍するために必要とされる「学問する」能力、すなわち問題を提起し、試行錯誤を繰り返しながら今まで見えていなかった物事の本質を見えるようにする能力を養うことができます。さらに、自分の研究をマネジメントする能力、研究結果をわかりやすく伝えるためのコミュニケーション能力も身につきます。これら能力は、これからの社会において求められる力です。さらに、大学院に進学してこれらの能力を研鑽することにより、プロフェッショナル人材として活躍し続けるために必要な素養を身につけることができます。

3. 三学科の緊密な連携

研究風景

食品生命科学科は、栄養学を深く理解した食品科学者・食品技術者の養成を、栄養生命科学科は、食品学を完全に習得した管理栄養士の養成を、環境生命科学科は、食の安全性とヒトの健康科学を理解した環境科学者・環境技術者の養成をそれぞれの目標にしています。三学科は、共通の講義や研究室間の共同研究などの緊密な連携体制をとっており、人材育成と研究の両面で成果をあげています。

4. 活躍する卒業生

研究風景

食品生命科学科の卒業生は食品会社を中心とした民間会社に就職して、食品製造、品質管理、商品開発に従事し、栄養生命科学科の卒業生は病院、行政、学校、福祉施設、食品会社等で管理栄養士の資格を生かして活躍しています。環境生命科学科の卒業生は、公務員、食品会社、環境分析・コンサルタント会社、銀行系企業に就職しています。大学院進学者も多く、修了後は研究機関や企業の研究員、大学教員などのプロフェッショナル人材として活躍しています。

5. 語学教育を強化

3学科とも、1-2年次の英語科目(8単位)はネイティブスピーカーが担当するオーラルコミュニケーションとTOEIC対策中心の科目です。さらに、食品生命科学科は食品生命科学英語(専門書の講読、英語での食品生命科学の理解)、栄養生命科学科は栄養生命科学英語(専門書の講読)、環境生命科学科は環境科学英語(科学英語)と環境生命科学英語(専門書の購読)をそれぞれ増設し、専門的・実践的な英語能力の習得を図っています。希望者は海外での英語研修に行くこともできます。

6. 質の高い少人数教育

講義風景

本学部は、1学科あたり20~25名で構成されており少人数での講義や実習が特徴となっています。また他大学と比べて学生に対する教員の人数が多く(1学年70名に対して教員は58名)、一人一人に目が届くきめ細やかな教育を実施しています。こうした状況のもとで人の健康に対して食品・栄養・環境の各分野からアプローチできる創造力、実践的な技術を身につけるべく質の高い教育を実践しています。授業や実習での疑問点、学生生活における悩みなどについて気軽に相談しやすい体制であることが、学生からも高く評価されています。

モバイル表示

PC表示