グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学校において予防すべき感染症にかかったとき


ホーム >  学生生活 >  各種手続き >  学校において予防すべき感染症にかかったとき

以下の感染症にかかった学生は、登校の際、医師に登校許可証明書を作成してもらい、学生室へ提出してください。
【第1種】 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、
ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、
鳥インフルエンザ(H5N1)
【第2種】 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く。)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、
風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核
【第3種】 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、
流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の感染症
(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に規定する新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症は、第1種の感染症とみなす。)
○インフルエンザについて ※新型、鳥インフルエンザH5N1は除く
学校保健安全法施行規則第19条により以下のとおり出席停止期間が定められています。
「発症した後(発熱の翌日を1日目として)5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで出席停止とする。抗ウイルス薬によって早期に解熱した場合も感染力は残るため、発症5日を経過するまでは欠席が望ましい。」
ご自身の判断で大学に来たり、実習先施設に行くことはできません。登校初日には医師に作成してもらった「登校許可証明書」を学生室に提出する必要があります。

登校許可証明書

※登校許可証明書の様式は次の方法で取得することとし、大学にもらいに来ないよう注意してください。
・大学ウェブサイト(このページ)からダウンロードする。
・学生便覧P125の様式をコピーして使用する。
※登校許可証明書にある出席停止期間について、正しく記入されているか確認してください。

モバイル表示

PC表示