グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ムセイオンとは


ホーム >  産学連携・地域貢献 >  ムセイオン静岡 >  ムセイオンとは


概要

ムセイオン地図

静岡市の草薙地域およびその周辺地域には、静岡県立大学、静岡県立美術館、静岡県立中央図書館、静岡県埋蔵文化財センター、静岡県舞台芸術センター(SPAC)、グランシップ(静岡県コンベンションアーツセンター)、ふじのくに地球環境史ミュージアムが位置し、若者や専門家が自由に行き交い、多くの文化を発信しています。
「ムセイオン」とは、古代エジプトのアレクサンドリアに興った世界初の学問、教育、文化、芸術の総合施設のことで、ミュージアムの語源になっています。
「ムセイオン静岡」は、この地域の文化関連機関が、自主協働プログラムとして文化・芸術・教育を学ぶ場を提供し、文化を発信する活動をしていきます。

関連資料ダウンロード


7つの教育文化機関

静岡県立大学

静岡県立大学

静岡県埋蔵文化財センター

静岡県埋蔵文化財センター

〒421-3203 静岡市清水区蒲原5300-5(旧静岡県立庵原高等学校)
TEL:054-385-5500
URL:http://smaibun.jp

静岡県立美術館

静岡県立美術館

〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-2
TEL:054-263-5755
URL:http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

静岡県立中央図書館

静岡県立中央図書館

〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-1
TEL:054-262-1242
URL:http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp

公益財団法人 静岡県舞台芸術センター(SPAC)

静岡芸術劇場

URL:http://www.spac.or.jp

舞台芸術公園
〒422-8003 静岡市駿河区平沢100-1
TEL:054-208-4008

静岡芸術劇場
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
TEL:054-203-5730

静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ

静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ

〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
TEL:054-203-5710
URL:http://www.granship.or.jp

ふじのくに地球環境史ミュージアム

ふじのくに地球環境史ミュージアム

〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762
(旧 静岡県立静岡南高校)
TEL:054-260-7111
URL:https://www.fujimu100.jp/

「ムセイオン静岡」誕生まで

本学が位置する谷田の丘に、静岡県立美術館、静岡県立中央図書館、(財)静岡県埋蔵文化財調査研究所(現・静岡県埋蔵文化財センター)が隣接し、ひとつの文化ゾーンとして県民に親しまれてきました。2006年5月、この地を更なる文化の発信拠点「文化の丘」とするため、本学を含めた4機関の長が相互協力による地域貢献を進める組織として「谷田サミット」を設立、2009年3月には、県の文化振興やまちづくりに貢献する地域に発展させていくことを目的に「文化の丘づくり事業推進に関する協定」を締結しました。
2007年10月には静岡県舞台芸術センター(SPAC)がオブザーバーとして参画、2009年7月には静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)も加わり、2009年12月からは、正式に「ムセイオン静岡」として6つの教育文化機関が相互協力して文化・芸術・教育を学ぶ場を提供し、文化を発信する活動をしていくこととなりました。
2013年10月に、更なる文化振興やまちづくりに貢献する地域に発展させていくことを目的に、SPAC、グランシップを加えた6機関で、「文化の丘づくり事業推進に関する協定」を締結しました。
また、10月には静岡県埋蔵文化財センターが清水区蒲原(旧静岡県立庵原高校)へ移転しましたが、引き続き「ムセイオン静岡」の構成機関として継続参画します。
2017年2月に、前年6月よりオブザーバーとして参加していたふじのくに地球環境史ミュージアムが加わり、7機関で「文化の丘づくり事業推進に関する協定」を締結しました。

相互協力事業の実績

  • 「文化の丘」を考えるシンポジウムの開催
  • 県立中央図書館の蔵書や静岡県埋蔵文化財センターの所蔵品を県立美術館において合同展示
  • 静岡県立大学において他機関職員を講師に迎えた単位認定講座の設置
  • 文化の丘を散策する案内地図「さんさくマップ」の作成 等
  • ムセイオンこどもプロジェクトの企画

ムセイオンこどもプロジェクトとは

「ムセイオン静岡」が平成28年度からスタートした企画です。ムセイオンこどもプロジェクトでは、「cocore(ココワ)」(障がい者が描いた絵を商品にして紹介、販売するアートプロジェクトを展開しているNPO団体)と連携することによって新しいコミュニティを作りたいと考えています。

「こどもたちに残すべきものはお金よりも、人だと思っている。」cocore(ココワ)の方の言葉です。そのために、ムセイオン静岡の各機関で親子向けイベントを企画、実施します。「cocore(ココワ)」を介して障がいを持った親子と、地域(ムセイオン関係者を含む草薙地域など)の親子が、自然と顔なじみの関係を作っていければと願っています。
個々のイベントでは、「cocore(ココワ)」を介してデザイン化された缶バッジを作製し、参加者にプレゼントします。ムセイオンの6つの機関をモチーフとした6種類の缶バッジです。
また、このこどもプロジェクトでは、こどもの遊びのように、この指とまれ方式でプレーヤー(仲間)をそのつど募集したいと思いますので、多くの方のご参加(ご連絡)をお待ちしています。

「cocore(ココワ)」のHPはこちらから(別ウインドウで開きます)

H28年度 ムセイオンこどもプロジェクト

「ムセイオン静岡」ブログ

「ムセイオン静岡」ブログ

今後、「ムセイオン静岡」から文化を発信するための各種講座やイベントを開催します。ブログも公開しておりますのでご覧ください。

>>ブログはこちら(別ウインドウで開きます)

モバイル表示

PC表示