グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



言語コミュニケーション研究センター


ホーム >  附属機関 >  言語コミュニケーション研究センター

グローバル時代に対応した言語能力の養成を目指す
静岡県立大学言語コミュニケーション研究センターは、今日のグローバル化時代に適切に対応できる言語能力、特に英語コミュニケーション能力と日本語コミュニケーション能力の養成を目指した教育と研究を促進するために、平成19年4月1日に設置されました。

英語コミュニケーション能力の向上については、平成18年から全学レベルで実施している1~2年生英語習熟度別クラス編成のためのプレイスメントテストとアチーブメントテストを体系的に充実させるとともに、TOEIC対策講座と英語プレゼンテーションについて教育活動の拡充を図ります。また、外国語としての日本語プログラムの研究開発をさらに進め、より効果的なシラバスと指導法の構築と実践を目指します。加えて、国際的なプロジェクトとして、「カリフォルニア州高校生のための日本語研修プログラム」を企画実施し、学生間の国際交流が活性化できるよう努めます。

さらに、コミュニケーション能力の習得に役立つ短期海外語学研修では、海外連携大学の協力を得ながら、静岡県立大学生のニーズに対応するオーダーメイドのプログラム‘Shizuoka Summer English Program (SSEP)’を企画・実施しています。

研究員は、言語教育の基盤である言語学・英語学・日本語学・コミュニケーション学の専門家から構成されています。よいチームワークの下、教育言語学という新たな視点から言語教育の問題点や課題について考えていきます。

言語コミュニケーション研究センターについてもっと知りたい方へ

言語コミュニケーション研究センターWebサイト

静岡県立大学、言語コミュニケーション研究センターでは独自でホームページを運営しています。
「言語コミュニケーションに興味がある」「言語コミュニケーション研究センターについてもっと知りたい」という方は是非ご覧ください。

>>言語コミュニケーション研究センター運営サイトへ(別ウィンドウで開きます)

モバイル表示

PC表示