グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育方針




アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

食品栄養科学部では、食と環境と健康に関する総合的な知識と技術を身につけ、様々な問題に挑戦できる人材を育成するため、生命科学を基礎とし、国際的に通用するコミュニケーション能力を有し、健康に関わる食とそれを支える環境の様々な課題について地球規模で取り組むことができる、研究意欲を備えた専門技術者や管理栄養士を育成しています。
食品生命科学科では食材の開発や食品の機能性・安全性などについて、栄養生命科学科では食を通しての健康の増進と保健・医療への貢献などについて、また環境生命科学科では食料生産を支え、安全で快適な環境の創成などについて、総合的な教育・研究を実施しています。したがって、本学部の志願者には、数学、物理、化学、生物、英語などの基礎学力を有し、生命科学に関心が高く、探究心旺盛で、将来「食と環境と健康」の分野で活躍したい人が望まれます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  • 食品栄養科学部では、食と環境と健康に関する総合的な知識と技術を身につけ、食に関わる様々な問題に挑戦し、解決する能力を有する人材を育成する。
  • 食品生命科学科では食材の開発や食品の機能性・安全性の評価などについて、栄養生命科学科では食を通しての健康の増進と保健・医療への貢献などについて、環境生命科学科では食料生産を支える環境の保全や、安全で快適な環境の創成などについて、総合的かつ学際的な教育を実施する。
  • 創造性あふれる豊かな人間性と倫理観を育むとともに、論理的思考力やコミュニケーション能力など、実社会で必須となる汎用的な能力を有する人材を育成する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

食品栄養科学部においては、生命科学の体系的な教育を基盤として、科学英語や情報教育の充実により国際的に通用するコミュニケーション能力を有し、食と環境と健康に関する地域社会の課題からグローバルな問題までの解決に貢献できる科学者、高度専門技術者および管理栄養士を育成する。学位授与は、食品栄養科学部に所定の期間在学し、学部の教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数以上を習得することを要件とする。習得すべき科目には、講義科目のほか、演習や実験・実習、フィールドワークや卒業研究論文作成等の科目が含まれる。

モバイル表示

PC表示