グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学びの特色


本研究科では、「経営」、「公共政策」、「情報」という実務に直結する実学指向の学問を教授しており、多くの社会人大学院生が共に学んでいます。年齢的にも、20歳代から60歳代まで、幅広い年齢層の学生が在籍しています。

1. 教育、研究、地域貢献を行うための「知の創造を担う拠点」の確立

現在、新たに台頭しつつある社会変革へのニーズに応えるべく、静岡という地場の状況を熟知した地域の総合的な戦略を構築し、イノベーションを現実化する人材を養成する拠点が求められています。本研究科はそうした拠点として、静岡県の地域特性およびその立地の状況を活かして、地域の皆様とともに地域に立脚し、知の創造とその活用により地域社会に貢献できる人材を育成します。

2. 修士課程、博士課程ともにイノベーションを軸にしたカリキュラム体系

修士課程、博士後期課程ともにそのコアに「イノベーション」関連科目を配置し、イノベーションに関する知識とスキルの獲得を目指します。

イノベーション関連科目

修士課程 「イノベーション原理特論」「ソーシャル・イノベーション特論」「知的情報イノベーション特論」
博士後期課程 「イノベーション論特殊講義」「経営事業創造特殊講義」「ソーシャル・イノベーション特殊講義」「地域マネジメント特殊講義」「地域・グローバルイノベーション特殊講義」「知的情報システム特殊講義」「知的情報基盤特殊講義」

3. 社会人にとって学びやすい昼夜土曜日開講制

本研究科のすべての授業は午後2時40分以降に始まり、半数以上の講義は夜間(午後6時30分以降)に開講されます。また、土曜日の午前・午後に開講される授業もあります。これによリ、社会人が勤務を続けながら学位を取得することができます。この制度を利用して、現在では多数の社会人大学院生が在学しています。

4. イノベーションを喚起する新たなプロフェッショナルの育成(修士課程)

あらゆる領域において一人ひとりがプロフェッショナルとしての知識とスキルを求められる昨今、組織や地域社会の中でイノベーションを具体的かつ実践的に担う第一線で活躍する専門的職業人の育成を目指します。

5. あらゆる領域においてイノベーションの実現とその基盤を担う人材の養成(博士後期課程)

急速な少子高齢化の進行、経済のグローバル化に伴う競争の激化などにより、ローカル・グローバルなレベルにおいてこれまでとは異なる新たな発想で道を切り開く方策への期待が高まっています。そこで本研究科は、経営、公共政策、情報の研究教育の支柱をより強固に取りまとめ、社会における様々な課題解決につながるイノベーションを推し進めることのできる人材を、高度かつ実践的な研究教育を通して養成します。

モバイル表示

PC表示