グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育方針



教育理念

現代の社会状況は変化を続け、日本社会の将来についてはローカル/グローバルなレベルにおいて従来のスキームでは十分に対応できない様々な課題が顕在化している中、新たな発想で道を切り開く方策への期待が高まっている。こうした時代に即した社会的要請に応えるために、経営、公共政策、情報を柱とし、社会における様々な課題解決につながるイノベーションを推し進める高度かつ実践的な研究教育を行い、将来のイノベーションの担い手、高度な専門的人材を育成する。

教育目標

修士課程

修士課程においては、学術活動における高い問題意識と知識へのあくなき希求が鍵であると考え、こうした知的体験を通じて、経営、公共政策、情報に関する専門的かつ実践的な知識を有し、それらを基軸としたイノベーションの担い手となりうる高度な専門的人材を育成することを目指す。具体的な人材育成像を下記に示す。
  1. 経営系においては、①高度なマネジメント知識を駆使して、地域経済に活力を与えることのできる人材、②経営・地域イノベーションを遂行しうるアントレプレナー、③企業内において、高度な専門知識を活用して、経営革新・組織改革などを遂行しうる専門的職業人を養成する。
  2. 公共政策系においては、①経済・社会のグローバル化、少子高齢化や人口減少などに対応した政策の展開ができるように、より高度な理論的かつ実践的な知識を身に付けた行政職員、公的団体職員、政策アナリスト、②社会変革と「新たな公」の担い手になりうる専門的職業人としてのNPO幹部/ソーシャル・アントレプレナーを養成する。
  3. 情報系においては、①大量・多様なデータに対して先端的かつ独創的な知的処理により社会の各分野で価値を創出できるデータアナリストや、②社会のイノベーションを支える大規模複雑な知的情報システムを設計・開発できるデータエンジニアなどのデータサイエンス技術者を養成する。

博士後期課程

博士後期課程においては、修士課程の研究教育分野を基礎としつつ、社会的課題を的確に把握し、あらゆる社会的領域にイノベーションをもたらす仕組みを創造できる人材を養成する。具体的には、高度な研究開発能力を有し、指導的立場に立って経営と情報を柱に公共的な領域を内包したイノベーションの制度的な枠組みを主導的に構築する(アーキテクトする)中核的人材及びイノベーションに関するより高度な研究を目指す実務志向の研究者の養成を目指す。具体的な人材育成像を下記に示す。

<社会やビジネスの仕組みを創造する人材>
(1) 高度な専門的職業人
高度な経営知識を身に付けた、トップマネジメントに代表される組織のリーダーを育成する。
(2) 起業家 / ビジネスイノベーター
クローバルな視点と地域の視点を併せ持ち、地域社会の問題解決ができる起業家やビジネスイノベーター及びそれらの支援を行う高度専門職を育成する。
(3) ソーシャル・イノベーター
まちづくり、医療、福祉といった分野で社会や組織の仕組みを大胆に変革していくソーシャル・イノベーターを育成する。
<実務志向の研究者>
(4) イノベーション研究者
情報や社会全般に対する視野を広げるとともに組織のイノベーションに関する理論・方法・実例を深く修得し、大学等の研究機関及びシンクタンクにおける研究者として活躍できる人材を養成する。
(5) データサイエンス研究者
社会・経営に対する深い見識を持つとともに、データサイエンスに関する理論・方法・実例を深く修得し、大学等の研究機関における研究者として活躍できる人材を養成する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

修士課程

修士課程においては、学術活動における高い問題意識と知識へのあくなき希求を通じて、経営、公共政策、情報に関する専門的かつ実践的な知識を有し、それらを基軸としたイノベーションの担い手となりうる高度な専門的人材を育成することを目指す。
この考え方に基づいて、授業科目などを通じて、当該研究分野に関する専門的かつ実践的な知識を獲得するとともに、研究指導を通して修士論文を作成し、論文の審査及び試験に合格することが求められる。
なお、修士課程において求められる具体的な到達能力は、以下のとおりである。
  1. 経営、公共政策、情報の各分野に関して、自己の専門分野に関する専門的な知識を有すること。
  2. 現代の地域社会において懸案とされている様々な課題を理解し、課題を学術的方法で解決する能力を有すること。
  3. 獲得した知識、問題解決能力を活用し、地域社会の中でイノベーションの実践を担う能力を有すること。

博士後期課程

博士後期課程においては、修士課程の研究教育分野を基礎としつつ、社会的課題を的確に把握し、あらゆる社会的領域にイノベーションをもたらす仕組みを創造できる人材を養成する。
この考え方に基づいて、特殊講義科目及び特殊演習科目を通じて、当該研究分野及びそれに隣接するより広範な知識と方法論を獲得するとともに、研究指導を通して博士論文を作成し、論文の審査及び試験に合格することが求められる。
なお、博士後期課程において求められる具体的な到達能力は、以下のとおりである。

<社会やビジネスの仕組みを創造する人材>
  1. 経営、公共政策、情報の各分野に関して、自己の専門分野に関する高度な専門的知識を有すること。
  2. 現代の地域社会における課題を的確に発見・把握し、課題を学術的方法で解決する能力を有すること。
  3. 地域における指導的立場に立脚し、経営、公共政策、情報を柱にイノベーションの制度的な枠組みを主導的に構築する中核的人材としての、実践的能力を有すること。
<実務志向の研究者>
  1. 経営、公共政策、情報の各分野に関して、自己の専門分野に関する高度な専門的知識を有すること。
  2. 現代の地域社会における課題を的確に発見・把握し、課題を学術的方法で解決する能力を有すること。
  3. イノベーションに関連する高度な研究開発を目指す研究者としての研究能力を有すること。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

修士課程

修士課程においては、学術活動における高い問題意識と知識へのあくなき希求を通じて、経営、公共政策、情報に関する専門的かつ実践的な知識を有し、それらを基軸としたイノベーションの担い手となりうる高度な専門的人材を育成することを目指す。これを目的として、経営、公共政策、情報の3つの科目群を配置し、高度な理論的及び実践的な知識を身に付けることが可能となるカリキュラムを編成し、実施する。

博士後期課程

博士後期課程においては、修士課程の研究教育分野を基礎としつつ、社会的課題を的確に把握し、あらゆる社会的領域にイノベーションをもたらす仕組みを創造できる人材を養成する。これを目的として、経営、公共政策、情報の特殊講義科目群を設置し、また当該分野に関する知識と方法論をより深く学ぶための特殊演習科目群を設置し、さらに研究指導を通して養成目的とする人材像に応じた多面的な角度からの人材育成を可能とするカリキュラムを編成し、実施する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

本研究科は、学部を卒業した学生のみならず、意欲的な社会人も広く受け入れ、地域への貢献を目指す。

経営情報イノベーション研究科の求める学生像

修士課程

  1. 今日の社会の中で革新を担う人材として活躍することを目指す人
  2. 経営、公共政策、情報の領域において専門職業人を目指す人

博士後期課程

  1. 地域社会の課題を解決するシステムのアーキテクトを志向する人
  2. イノベーションに関わる、より高度な研究を目指す人

モバイル表示

PC表示