グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育方針



アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

本研究科は、学部を卒業した学生のみならず、意欲的な社会人も広く受け入れ、地域への貢献を目指します。

経営情報イノベーション研究科の求める学生像

修士課程

  1. 今日の社会の中で革新を担う人材として活躍することを目指す人
  2. 経営、公共政策、知的情報システムの領域において専門職業人を目指す人

博士後期課程

  1. 地域社会の課題を解決するシステムのアーキテクトを志向する人
  2. イノベーションに関わる、より高度な研究を目指す人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

修士課程

修士課程においては、地域社会の中でイノベーションの実現を具体的に担い、かつ経営、公共政策、情報といった各分野における専門的職業人の養成を目指し、経営、公共政策、情報の3つの科目群を配置し、高度な理論的および実践的な知識を身につけることが可能となるカリキュラムを編成し、実施する。

博士後期課程

博士後期課程においては、高度な研究開発能力を有し、指導的立場に立って経営、公共政策、情報を柱にイノベーションの制度的な枠組みを主導的にアーキテクトする中核的人材、およびイノベーションに関するより高度な研究を目指す実務志向の研究者の養成を目指し、経営、公共政策、情報の特殊講義科目群を設置し、また当該分野に関する知識と方法論をより深く学ぶための特殊演習科目群を設置し、さらに研究指導を通して養成目的とする人材像に応じた多面的な角度からの人材育成を可能とするカリキュラムを編成し、実施する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

修士課程

経営、公共政策、情報に関する専門的かつ実践的な知識を有し、それらを基軸としたイノベーションの担い手となりうる高度な専門的人材の育成を、本研究科修士課程は目指している。
この考え方に基づいて、授業科目などを通じて、当該研究分野に関する基礎的な知識を獲得するとともに、研究指導を通して修士論文を作成し、論文の審査および試験に合格することが求められる。
なお修士課程において求められる具体的な到達能力は、以下の通りである。
  1. 現代の地域社会における様々な課題を理解・把握し、問題解決の方法を学問的に探究できる能力を有すること。
  2. 経営、公共政策、情報の各分野に関して、自己の専門分野に関する専門的な知識を有し、またその知識を実践的に活用しうる能力を有すること。
  3. 獲得した知識を活用し、地域社会の中でイノベーションの実践を担う能力を有すること。

博士後期課程

高度な研究開発能力を有し、指導的立場に立って経営、公共、情報を柱にイノベーションの制度的な枠組みを主導的にアーキテクトする中核的人材、およびイノベーションに関するより高度な研究を目指す実務志向の研究者の養成を、本研究科博士後期課程は目指している。
この考え方に基づいて、特殊講義科目および特殊演習科目を通じて、当該研究分野およびそれに隣接するより広範な知識と方法論を獲得するとともに、研究指導を通して博士論文を作成し、論文の審査および試験に合格することが求められる。
なお、博士後期課程において求められる具体的な到達能力は、以下の通りである。
  1. 経営、公共政策、情報の各分野に関して、自己の専門分野に関する高度な専門的知識および研究開発能力を有すること。
  2. 地域における指導的立場に立脚し、経営、公共政策、情報を柱にイノベーションの制度的な枠組みを主導的に構築する中核的人材としての、知識および実践的能力を有すること。
  3. イノベーションに関連する高度な研究開発を目指す研究者としての知識および研究能力を有すること。

モバイル表示

PC表示