グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学びの特色




1. 豊かな人間性と見識を持った看護専門職の育成

静岡県内には、大規模かつ高度医療に携わる病院が数多く存在しています。本研究科では、その一部の専門機関と連携大学院協定を結び、教育・研究活動の相互協力体制を整えています。保健医療サービスにおける専門的な技術革新が急速に進む現状の中で、対象者の視点に立った多様なケアに対応できる、豊かな人間性と見識を備えた看護専門職を育成しています。

2. 高度な専門知識や技術を習得した人材の育成

医療技術の高度化、生活習慣病などの疾病構造の変化、少子高齢化の急速な進展に伴い、人々の健康に対する考え方も変化し、保健医療サービスに対する二一ズが多様化・複雑化してきています。本研究科では、人々の複雑な健康問題の解決に積極的に取り組み、社会の要請に応えることができる高度な専門知識・技術を身につけた人材を育成しています。その一環として、2010年新たに助産師養成課程を設置し、さらに、小児看護学分野高度実践看護師教育課程があります。

3. 教育・研究を積極的に推進できる人材を育成

看護教育の高等教育化が進む中で、研究成果を看護学の体系化に資する試みが進められています。本研究科では、多様な健康レベルにある人々の健康、自立、自己実現を支援するために、看護実践の現象を解明し、知識を体系化し、実践に応用できる研究者の育成を目指しています。

4. 広く社会のニーズに的確に対応できる人材の育成

本研究科においては、本学の薬食生命科学総合学府、経営情報イノベーション研究科、国際関係学研究科と連携を取り、他領域連携科目として相互履修が可能なカリキュラムを運用しています。大学の総合力を生かすことで、国際保健の分野を含め、現代社会の多様なニーズに即応し、保健医療現場における看護実践を推進できる人材を育成しています。

モバイル表示

PC表示