グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カリキュラム



あなた自身の関心に応える体系的・順次的カリキュラムの選択を可能にします

国際安全保障問題から、地域課題の解明や文化資源の発掘・発信まで

グローバル化と相互依存性が深まる現代世界を理解しようとすれば、旧来の学問領域にとどまらない分野横断的(inter-disciplinary)、かつ地域横断的視点がますます求められます。また、特定の地域社会・文化を理解するためにも、分野横断的で総合的なアプローチが絶対不可欠です。

このような観点から、まず1年次には幅広い分野の学問について基礎を学びます。
2年次に学生は希望進路や関心に応じて、国際関係学科では国際政治経済コース・国際行動学コース、国際言語文化学科では英米文化コース・アジア文化コース・日本文化コース・ヨーロッパ文化コースのいずれかに配属されます。
3~4年次には少人数の演習(ゼミナール)で、各自の軸足となる特定の学問領域を深く集中的に勉強します。そして4年間の成果を集大成するかたちで、卒業論文としてまとめます。
選択 A 学部共通科目 国際関係学部の学生全員を対象とする共通科目
B 学科共通科目 学科別の共通科目。国際関係学科と国際言語文化学科では異なる。
C 地域研究 アメリカ、ロシア・東欧、中国、韓国、ヨーロッパ゚、アジア、中東・アフリカに関する概論
D 英語 英語科目(ただし、「フレッシュマンイングリッシュ」と「英語コミュニケーション」は必修)
E 地域言語 中国語、韓国語、フィリピン語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語、日本語(留学生のみ)
F 専門科目A群 国際関係学科ではコース共通の基礎的な科目、国際言語文化学科ではコースによって異なる(英米文化・アジア文化・ヨーロッパ文化では文化・文学や地域研究が主であり、日本文化では基礎または概説的な科目)。
G 専門科目B群 国際関係学科ではコース別の専門度の高い科目、国際言語文化学科ではコースによって異なる(英米文化・ヨーロッパ文化では言語学、特殊研究、原典講読が多く、日本文化は応用または専門度の高い科目、アジア文化は他コースの科目も選択できる)。
自由 H 自由選択科目 上記ABCFGに含まれる科目+コンピュータ・リテラシー+全学共通科目
必修 I 演習 指導教員のゼミ(原則として第2・第4火曜日の3・4時限)
J 卒業研究 卒業論文作成

カリキュラム概念図


最先端の英語教育

語学自習施設SALL

国際関係学部では、グローバル社会において積極的に活躍できる人材育成の一環として、最先端の英語教育に全力で取り組んでいます。言語コミュニケーション研究センター所属の6名のネイティブ英語教員と3名の日本人英語教員がすべての英語必修科目を担当しています。
1年生と2年生の英語科目は、スピーキング力とリスニング力の向上を目指すオーラルコミュニケーションのクラスと、文法・語彙力を伸ばしてリーディング力を強化するクラスがあります。これらのクラスは春学期と秋学期の終わりに受験するTOEIC-IP®のスコアによる習熟度別の編成で、レベル別のシラバスとテキストに沿って学習効果が向上するよう工夫しています。さらに、TOEIC対策の充実、TOEFL留学英語の開設、そして中級・上級者向けには英語プレゼンテーションコースも実施しています。
また、自律学習施設SALLと最新のマルチメディアルームSTUDIOでは、インターネット、DVD、オンラインなどの教材を用いてインターアクティブな英語学習を促進しています。

短期海外英語研修は協定校であるオハイオ州立大学、カリフォルニア州立大学サクラメント校、ロジャーウィリアムズ大学で実施されています。また、TOEFLの要件を満たした学生にはオハイオ州立大学、カリフォルニア州立大学サクラメント校、ロジャーウィリアムズ大学にて正規英語留学が認められています。

TOEIC対策講座


世界の多様な地域言語

大学に入ってから「学ぶこと」の面白さを実感するひとつは、初めて学ぶ科目に触れる時です。フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語、フィリピン語、そして日本語(留学生のみ)の科目群を、国際関係学部では地域言語といっています。おそらく、地域言語は大部分の学生にとって初めて学ぶ科目となるでしょう。多文化を理解するため、上級年での研究を深めるため、国際社会で活躍できる人材となるため、国際関係学部の学生は母語と英語だけでなく、もうひとつの言語を楽しみながら学びます。

モバイル表示

PC表示