グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科紹介



文系・理系の枠を超えて、経営、政策、情報のセンスを磨く。

本学部は経営情報学科のみの単科学部であり、経営・政策・情報を分離せず、ハイブリッドな研究教育を実践する学部として、多くの期待を集めています。

経営情報学科

経営情報学部の学問体系

経営情報学科は、経営コース、総合政策コース、情報コースから構成されています。現代社会では、人工知能やビッグデータ処理に疎い企業人・公務員は、時代の変革に淘汰されようとしています。スマートデバイスを用いて業務の効率化を図り、ビッグデータを収集し統計的に処理することで経営分析や意思決定を行う場合には、経営学のみならず情報技術や統計学、データサイエンスに関する知識が必要です。一方で、企業や自治体の情報システムや、多様化する電子マネーなどの電子商取引のためのシステムを開発する場合には、情報技術のみならず法律や商学など幅広い知識が必要となります。さらに、行政やNPOといった非営利組織においても、マネジメント能力やデータ分析能力が求められています。つまり、理系・文系の縦割りで養成されてきた人材では、これからの高度情報化社会を主導する社会的リーダーにはなれません。

このような高度情報化社会における各分野のリーダーを育成するために、本学科の科目体系は経営諸学(経営学、商学、会計学)、総合政策に対して数理統計学と情報学を組み合わせた斬新なカリキュラムを編成しています。

初年次において各学問分野の基本的知識を得た後で、2年次からは「経営コース」、「総合政策コース」、「情報コース」のいずれかのコースを選択し専門的な科目を履修します。、3年次からは、「経営分野」、「総合政策分野」、「情報分野」のゼミに所属し、ゼミ活動に取り組みます。これらを通じて、経営学と情報学に精通した企業人や、公務員、医療機関などの職員、情報技術者、ITコンサルタントを目指します。

経営情報学部のカリキュラム

本学科の科目体系は「学部基礎科目」と「専門教育科目」、「演習」および「教職科目」、「全学共通科目」から構成されています。

カリキュラムの詳細はこちら

モバイル表示

PC表示