グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育方針




アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

経営情報学部では、刻々と変化する現代組織の要求や課題に対して、情報技術を駆使しながら経営資源(人・物・金・情報)を適切に活用して解決する能力を、経営、総合政策、情報・数理の視点から多面的に磨きます。
そのため、次のような学生を求めています。

経営情報学部の求める学生像

授業風景

  1. 経営分野や総合政策分野、情報分野で活躍することを目指す学生
  2. 企業の経営活動で生じる諸問題について体系的に学びたい学生
  3. 経営能力を持った公務員や医療・介護機関、マスコミなどを目指す学生
  4. 組織、産業、地域を支援する情報システムの企画立案者を目指す学生
  5. 先端の情報技術を習得し、起業やNPO(非営利団体)の立ち上げに
    結びつけたい学生
  6. 商業、数学、情報の高等学校教員を目指す学生
  7. 日本語や英語の基礎学力、論理的あるいは数理的思考能力を備えた学生

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経営情報学部は、静岡県立大学学則に定める本学部の「人材養成等教育研究上の目的」を達成するため、以下の方針にしたがって教育課程(カリキュラム)を編成し、実施する。

  1. 教育課程を学士力つまり学生が身につけるべき能力(という観点)を中心に編成する。
  2. 同時に、学習の系統性を十分に考慮し、主として1年次および2年次前半に必ず履修すべき科目を「学部基礎科目」、2年次後半から3・4年次に履修する科目を「専門教育科目」として位置付ける。
  3. 「学部基礎科目」は、「経営」「総合政策」「情報」「数理」についての基礎的な知識や技術について学ぶ。また、「学部基礎科目」には、会話力、読解力、TOEICの受験対策に対応した英語科目も含まれている。
  4. 「専門教育科目」は、「経営科目」「総合政策科目」「情報科目」「数理科目」「複合科目」の5つに分かれている。
  5. 「経営科目」は経営能力、「総合政策科目」は政策企画力、「情報科目」は情報処理能力、「数理科目」は数理的分析力を身につけることを目的とする。
  6. 「複合科目」は各分野の境界的・融合的な科目である。
  7. 新入生の大学教育への取り組みをより円滑にするために、1年次に「スタートアップ演習」を設置している。
  8. 1・2年次の「基礎演習1~4」で、ゼミ形式で、3年次以降の研究のための導入教育を行う。また、3年次以降に配属される指導教員によるゼミ(または研究室)での教育との複線型教育の推進のため「研究融合演習1,2」を設置している。
  9. 3・4年次の「研究導入演習」「演習Ⅰ」「演習Ⅱ」において、学生は個々のゼミに所属して特定領域の研究を深めていき、4年間の学修の成果を卒業研究として完成させる。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

経営情報学部は、静岡県立大学学則に定める本学部の「人材養成等教育研究上の目的*」を達成するため、教育課程(カリキュラム)を編成・実施しているが、学位(経営情報学)授与に関する基本的な考え方は以下のとおりである。

「経営、総合政策、情報の専門性と3分野の融合により社会の各分野でイノベーション(革新)を担う課題解決型の人材を育成する」

経営情報学部は、経営能力、政策企画力、情報処理能力を兼ね備え、社会の各分野においてイノベーションを担うことにより現代社会の課題を解決して、企業や地域社会に貢献する人材の育成を目標としている。学生は、所定の科目を習得することで学士(経営情報学)の学位を授与されるが、授与に際して以下の内容が重視される。

  1. 「経営学」「総合政策」「数理統計学」「情報学」を深く学ぶことによって、それらを活用することができる能力を身につけている。
  2. 自ら研究課題を設定し、必要な情報を収集・分析して、論理的な思考力によって課題を探求し、克服していく能力と、自己の見解を文字および口頭で表現できる能力を備えている。
  3. 企業や地域社会への高い関心とそれらへの貢献に対する意欲を持ち、社会の様々な場で円滑なコミュニケーションを図ることができる。
  4. 習得した知識や技能を柔軟に応用し、実社会で十分に活躍できる能力がある。

モバイル表示

PC表示