グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カリキュラム


ホーム >  学部・大学院・短期大学部 >  看護学部 >  カリキュラム

看護学科の教育カリキュラムは、他学部の学生と共に学ぶ「全学共通科目」、看護学部独自の「学部基礎科目」、看護の専門性を学ぶ「専門教育科目」から構成されています。

学部基礎科目では、人間の「心と体の理解」、「社会と健康の理解」、「英語コミュニケーション」、「運動」、「研修」、「主体性と判断力の育成」から成ります。専門教育科目では、人々の生命・暮らし・健康を総合的に見つめ、集団および個人の健康ニーズに対応できる看護の実践力を習得することを基本的な目標に、「看護の基礎」、「看護実践Ⅰ」、「看護実践Ⅱ」、「看護の役割と発展」の4つの科目群で構成されています。

臨地実習では、病院や老人保健福祉施設、保健所や市町村保健センター、訪問看護ステーションなどに出向きます。赤ちゃんから高齢者まで、健康な人、病気をもちつつ生活している人などさまざまな人が看護の対象であり、対象が最も望ましい状態へたどる過程を看護援助の実践を通して学んでいます。

看護はすべての「ひと」が対象であり、大学の中だけにとどまらず、実習を通して関わる様々な人から戴く「温かい言葉」や「感動」が学生自身を成長させてくれます。

※ 平成29年度現在のカリキュラムです。

専門教育科目

看護の基礎

看護学概論
看護理論
看護過程
看護と安全
看護と倫理
対象の理解Ⅰ(成人看護学)
対象の理解Ⅱ(老年看護学)
対象の理解Ⅲ(母性看護学)
対象の理解Ⅳ(精神看護学)
対象の理解V(小児看護学)
地域家族支援論
ヘルスプロモーション・健康教育論

看護実践Ⅰ

ヘルスアセスメント技術
基礎看護技術Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
成人看護学Ⅰ・Ⅱ
成人看護学演習
老年看護学
老年看護学演習
母性看護学Ⅰ・Ⅱ
母性看護学演習
精神看護学
精神看護学演習
小児看護学
小児看護学演習
在宅看護学
在宅看護学演習
ターミナルケア
国際保健・看護演習
公衆衛生看護学概論
地区活動論
公衆衛生看護活動論Ⅰ・Ⅱ
公衆衛生看護管理活動論
公衆衛生看護活動展開の方法演習

看護の役割と発展

最新看護の動向
看護政策論
看護管理論
看護教育論
災害看護
看護研究
卒業研究
看護統合セミナーⅡ 災害看護
看護統合セミナーⅡ 総合看護
看護統合セミナーⅡ チーム医療

看護実践Ⅱ

ケア場面実習
看護アセスメント実習
小児看護学実習
母性看護学実習
成人看護学実習Ⅰ
成人看護学実習Ⅱ
成人看護学実習Ⅲ
老年看護学実習Ⅰ
老年看護学実習Ⅱ
精神看護学実習
在宅看護学実習
公衆衛生基礎実習
公衆衛生看護学実習Ⅰ
公衆衛生看護学実習Ⅱ
国際保健・看護実習
発展看護実習Ⅰ
発展看護実習Ⅱ

学部基礎科目

運動

身体運動科学AⅠ
身体運動科学AⅡ

研修

海外英語研修

主体性と判断力の育成

基礎セミナー
看護統合セミナーⅠ

英語コミュニケーション

基礎英語I(フレッシュマンイングリッシュⅠ)
基礎英語Ⅱ(フレッシュマンイングリッシュⅡ)
基礎英語Ⅲ(フレッシュマンイングリッシュⅢ)
基礎英語Ⅳ(フレッシュマンイングリッシュⅣ)
英語コミュニケーションⅠ
英語コミュニケーションⅡ

心と体の理解

人間関係論
生涯発達心理学
臨床心理学
機能形態学
生物化学
臨床栄養学
運動と健康の生理学
病理学
微生物学
臨床薬理学
症候論
病態学Ⅰ
病態学Ⅱ
病態学Ⅲ
病態学Ⅳ
病態学Ⅴ
臨床検査・画像診断
基礎健康科学実習

社会と健康の理解

現代社会論
健康と社会
健康環境論
社会福祉論
保健学
保健福祉政策論
統計と情報処理
保健医療統計学
実践保健医療統計学
疫学
医療・看護経済学
国際看護論
国際保健

モバイル表示

PC表示