グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



日常生活のための演劇ワークショップ:身体と言葉のポテンシャル


ホーム >  イベント >  日常生活のための演劇ワークショップ:身体と言葉のポテンシャル

静岡県の劇団SPAC俳優・布施安寿香氏をゲストにお招きして、1回完結型の演劇ワークショップを4回開催します。2月16日(木曜日)と3月2日(木曜日)は身体にフォーカスしたワークショップを、2月17日(金曜日)と3月3日(金曜日)は言葉にフォーカスしたワークショップを行います。

開催概要

チラシ
(クリックすると拡大します)

わたしたちは日常生活のなかで、当たり前のように言葉をしゃべり、当たり前のように身体を使っています。しかし、どのように発声しているのか、どのように身体を動かしているのかを意識することは、めったにないでしょう。もしかすると、長引くコロナ禍は、自分自身に対する意識をさらに曖昧なものにしてしまったかもしれません。

しかし、わたしたちの身体や言葉には、わたしたちの気づいていないポテンシャルがあるはずです。このワークショップでは、演劇的なトレーニングによって、いつもとは違う形で自分の身体や言葉を使ってみることで、わたしたちが必ず持っているはずのものを改めて発見し、それを日常生活で活かしていく可能性を探ってみたいと思います。

ワークショップは、ウォーミングアップから始めて、基礎的な演劇トレーニングを行い、自分の感覚を研ぎ澄ましていきます。その後、他者の身体動作や発話行為を真似することを通して、自分の身体や言葉を別の形で使うやり方を試していきます。

演劇未経験者も演劇経験者も、学生もシニアも、ふるってご参加ください。演劇には特に興味はないけれど、自分の言葉や身体をもっとうまく使ってみたいという関心をお持ちの方のご参加も大歓迎です。

協力:SPAC - 静岡県舞台芸術センター

日時・会場

2023年2月16日(木曜日), 17日(金曜日)、3月2日(木曜日), 3日(金曜日)
開催回 時間 内容 会場
2月16日(木) 18時30分~20時00分(90分) 身体のワークショップ 静岡県立大学 草薙キャンパス
一般教育棟 3階 STUDIO(2310)
2月17日(金) 言葉のワークショップ
3月2日(木) 19時00分~21時00分(120分) 身体のワークショップ 静岡芸術劇場 2階
カフェ・シンデレラ
(JR「東静岡駅」前グランシップ内)
3月3日(金) 言葉のワークショップ
  • 会場により所要時間は異なりますが、2月16日と3月2日(木曜日)、2月17日と3月3日(金曜日)のカリキュラムは同じです。1回だけのご参加も、複数回のご参加も、どちらも可能です。ご予定とご都合に合わせて、最適な組み合わせをお選びください。
  • ワークショップは、感染症対策を徹底して行います。参加者は消毒とマスク着用、体温チェックをお願いいたします。発声時は、参加者同士の距離をとって実施します。使用後の消毒にもご協力ください。動きやすい服装でご参加ください。
  • 2月16日と17日(草薙キャンパス)については、できるかぎり公共の交通機関をご利用ください。3月2日と3日(静岡芸術劇場)については、車でのお越しの場合はグランシップの駐車場をご利用ください(駐車料金は各自でご負担ください)。交通やアクセスについてのご質問は、お問い合わせ欄のメールアドレスまでお問い合わせください。

参加費

無料

定員

各回10人程度(高校生以上)

お申し込み

1月31日(月曜日)までは、フォームから参加申し込みをお願いします。応募者多数の場合は、2月1日の時点で抽選とさせていただき、その結果を登録いただいたメールアドレスにお送りします。

参加枠に余裕がある場合は、ワークショップ開催3日前までメールで参加を受け付けます。お問い合わせ欄のメールアドレスまでお問い合わせください。

申し込みフォームへ

(外部リンク)

たくさんのお申込みありがとうございました。応募者多数につき、3月2日と3月3日の回については抽選とさせていただきます。抽選結果は、近日中にメールでお伝えいたします。なお、2月16日と2月17日の回はまだ若干の空きがありますので、参加をご希望の方はお問い合わせ欄のメールアドレス(小田)までご連絡ください。

ゲスト略歴

布施安寿香

(撮影:加藤孝)

布施安寿香 氏

舞台俳優。2002年より宮城聰主宰ク・ナウカシアターカンパニー(現在は活動休止中)所属。2006年よりSPAC(静岡県舞台芸術センター)を中心に国内外で活動している。主な出演作品、泉鏡花作・宮城聰演出『夜叉ヶ池』、チェーホフ作・ダニエル・ジャンヌトー演出『桜の園』、三島由紀夫作・石神夏希演出『弱法師』など。子供の頃から、身体と言葉の関係のもどかしさを感じ、文学や哲学に興味を持つ。大学生の時に演劇と出会い、以降、パフォーマンスを通して、そのもどかしさについて考えている。近年は、言葉に興味を持つミュージシャンやダンサーからの誘いで演劇の枠を越えたクリエーションに参加したり、小説を戯曲として演じたり、演劇を用いたワークショップなどもしている。

SPAC(スパック)について

ロゴ

SPAC - 静岡県舞台芸術センターは、東静岡にある静岡芸術劇場や日本平にある舞台芸術公園を拠点として俳優、創作技術・制作スタッフが活動を行う静岡県が設立した劇団です。多彩なラインナップからなる舞台芸術作品の創造・上演とともに、中高生鑑賞事業や地域へのアウトリーチ活動などにも取り組んでいます。
■SPAC 公式サイト
https://spac.or.jp/(外部サイトへリンク)

文化庁シンボルマーク


助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)・独立行政法人日本芸術文化振興会

お問い合わせ

静岡県立大学言語コミュニケーション研究センター特任講師 小田透
E-mail:t-oda@u-shizuoka-ken.ac.jp

モバイル表示

PC表示