グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



食品栄養科学部


ホーム >  学部・大学院・短期大学部 >  食品栄養科学部

食と健康のフロントランナーを目指して

「何をどのように食べるのか」は、私たちが楽しく健康に暮すこと、すなわち「人生の質」に直結しています。そのため、「食」に対する社会の関心はますます高まっています。食品栄養科学部では、「食」と健康の問題を追求し、人々の「人生の質」向上に貢献できる人材を育成することを目標としています。
「食」と健康に関する問題は、幅広い学問分野から解決される必要があります。食品栄養科学部は、食品生命科学科、栄養生命科学科、環境生命科学科の3学科で構成されており、ヒトの健康維持に「食」が果たす役割と、持続可能で豊かな「食」を創造する方策を、食品科学、栄養科学、環境科学の3つの学問分野から探求しています。
この学部での学びにより、「食」に関する幅広い知識が身につきます。また、学びの集大成である卒業研究では、 誰も気づかなかった現象に注目し、答えのまだない問題に取り組みます。失敗を繰り返し、結果が出ないこともありますが、思いがけない発見をして、これまでの常識を覆すような発見をすることもあります。このように、科学者としての喜びを実感するだけでなく、根気強く課題に挑戦する能力、論理的に思考する能力など、これからの社会において求められる力を身につけることができます。

モバイル表示

PC表示