グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



取得できる資格・主な就職先


ホーム >  学部・大学院・短期大学部 >  食品栄養科学部 >  取得できる資格・主な就職先


取得できる資格など

食品生命科学科

食品生命科学科の卒業生は、食品衛生監視員、食品衛生管理者の申請資格を取得することができます。所定の単位を修得すると、高等学校教諭一種免許状(理科)が取得できます。また、食品生命科学科は、JABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けています。JABEE認定プログラム修了生は、国家試験である技術士資格試験の第一次試験が免除されます。

栄養生命科学科

所定の課程を修了すると、栄養生命科学科卒業生は栄養士免許、管理栄養士国家試験受験資格を取得することが出来ます。例年、栄養生命科学科4年生の100%が管理栄養士国家試験に合格しています。また、所定の単位を修得すると栄養教諭一種免許状が取得できます。新たに2020年度(令和2年度)からは、食品衛生監視員、食品衛生管理者の申請資格を取得することができる見込みです。

環境生命科学科

環境生命科学科では、以下の資格に関して、いくつかの授業で関連する知識を習得することができます(環境計量士、公害防止管理者、放射線取扱主任者、気象予報士など)。特に環境計量士(濃度)の国家試験に、これまでに環境生命科学科3年生の6~7割の学生が受験し、うち5割以上が合格しています(全国の合格率15%)。また、所定の単位を修得すると、高等学校教諭一種免許状(理科)が取得できます。新たに2020年度(令和2年度)からは、食品衛生監視員、食品衛生管理者の申請資格を取得することができる見込みです。

※環境計量士(濃度):計量法に基づく、経済産業省所管の国家資格。環境分析会社等で主に大気や水質中の物質濃度の計量結果を証明するために必要な資格。

主な就職先

モバイル表示

PC表示