グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カリキュラム



看護学専攻は、3つの専門領域 (基盤看護学、実践看護学、広域看護学)と助産師養成コースで構成されています。
カリキュラムは、共通科目(必修共通科目、看護学共通科目)、専門科目から構成されています。
必修共通科目では、看護における研究の基礎的知識と方法を修得します。
看護学共通科目では、看護学の実践・教育・研究の土台となる理論や技法を学習します。

専門科目では、看護の特定の分野における科学的な知識や実践能力、研究的な思考能力を養います。

教育課程の構造

1.共通科目

必修科目
研究法Ⅰ
研究法Ⅱ
看護学共通科目
看護理論
看護倫理特論
看護教育学特論
看護管理学特論
家族看護特論
基礎科学特論
母子相互作用支援論
国際保健医療特論
英語科学論文クリティーク

2.専門科目

基盤看護学
基盤看護学特論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ
基盤看護学応用演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ
基盤看護学特別研究
実践看護学
実践看護学特論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ
実践看護学応用演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ
実践看護学特別研究
広域看護学
広域看護学特論Ⅰ、Ⅱ
広域看護学応用演習Ⅰ、Ⅱ
広域看護学特別研究
助産師養成コース
助産学課程選択必修
助産師養成選択科目

3.特別研究(修士論文)

<2018年度>
専門分野 指導教員 修士論文テーマ
看護技術学 渡邉 回復期の脳卒中後うつ患者の排泄自立を目指す看護ケアの実態に関する研究
看護技術学 渡邉 クリティカルケア看護師が行うカテコラミン投与の実態に関する研究
看護技術学 渡邉 地域で暮らす高齢女性のフレイル改善を目指したマニキュアの効果に関する検証
看護技術学 集中治療領域におけるユニバーサル・グロービング(一律手袋着用)の実態
精神看護学 地域における社会的ハイリスクの母親のメンタルヘルスサポートを行う看護職者の体験
助産学 太田 中学生の息子をもつ父親の性教育に関するニーズ
助産学 太田 13 トリソミーまたは 18 トリソミーと確定診断された妊婦へのケア
助産学 太田 母親が出産 1ヶ月後に出産体験をグループで語る意味
助産学 太田 NICU・GCU に入院している早産児の父親のケア・ニーズ
助産学 太田 妊娠期から育児期の在日外国人母親を母子保健専門職につなぐ身近な支援者のニーズ
助産学 太田 10 代妊婦をエンパワーメントする助産師のケア
助産学 太田 早期新生児と死別する過程での母親のケア・ニーズ
助産学 太田 緊急帝王切開を受けた夫婦の出産に対する思い

モバイル表示

PC表示