グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



看護学研究科博士後期課程の設置(2020年4月)認可について


ホーム >  ニュース >  看護学研究科博士後期課程の設置(2020年4月)認可について

2020年度(令和2年度)の静岡県立大学大学院看護学研究科博士後期課程の設置が文部科学大臣から認可されました。

1 概要

静岡県立大学看護学部では、2020年度(令和2年度)の「博士後期課程」の設置を目指し、文部科学省に設置申請を行っていたところ、8月30日に大学設置・学校法人審議会から「可」の答申が発表されました。これを受けて、9月6日付けで文部科学大臣から認可されました。

2 博士後期課程設置の趣旨

教育力と研究力を発揮して新たな看護学の知識体系の構築・開発に取り組み、専門的知識と指導力に基づいた質の高い教育・研究を実践できる看護学研究者・教育者の育成、また、地域包括医療を遂行するための有効な看護ケアを開発し、病院と地域との協働・連携を円滑に運営できる看護指導者の育成を目指し、博士後期課程を設置することとしています。

3 博士後期課程の概要

(1) 入学定員

3人

(2) 教育課程

3年課程

(3) その他

長期履修制度など働きながら学びやすい制度も準備中です。
入試の詳細については、「大学院学府・研究科学生募集要項」ページの「看護学研究科博士後期課程」にある学生募集要項をご覧ください。
また、10月にはオープンキャンパスを開催いたします。(看護学研究科修士課程オープンキャンパス【10月9日(水)18:00~】と同時開催予定。)
詳細は、以下のページをご覧ください。
大学院看護学研究科オープンキャンパス2019 >

お問い合わせ

小鹿キャンパス 電話:054-202-2050(小鹿キャンパス事務局看護学部担当)


(2019年9月11日)
(2019年9月20日更新)
(2019年10月1日更新)

モバイル表示

PC表示