グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専攻紹介



より深い研究の道へ、2つの専攻と6つの研究分野

国際関係学専攻

国際政治経済分野

国際政治学・国際経済学を中心に、関連する日本政治外交・国際法・国際開発・国際金融・国際経営の諸科目を配置し、幅広い研究ニーズに対応します。さらに東アジアを中心とした特色ある地域研究科目は研究のフィールド拡大に貢献しています。

国際政治経済分野イメージ

国際行動分野

国際行動分野は、社会学、人類学、社会心理学、コミュニケーション研究等の立場から、グローバルな課題に取り組んでいる学際的な研究分野です。社会調査、文献研究などの手法を用いて、国境を越えた市民の行動を実証的に解明することを通じて、不平等と社会問題、人権と多文化共生、開発と環境などの地球社会の重要課題を研究しています。

比較文化専攻

日本文化研究分野

日本の言語・文学・思想という比較文化の基礎となる領域を扱います。具体的には、日本語教育、古典語から現代語の分析、また『古事記』、『源氏物語』、世阿弥、近松門左衛門、武士道、近代の小説・詩歌などの研究を行います。国語教員専修と日本語教師養成プログラムが設けられています。

日本文化研究分野イメージ

アジア文化研究分野

中国、朝鮮半島、東南アジアにロシアなど、ダイナミックに変動する広大で多様なアジアの国々や地域を対象に、国際関係、政治、経済、社会、文化、歴史、芸術、文学等、様々な視点から総合的にアプローチし、その本質的実態の解明を目指します。そして、アジアに対する理解を通して、国際社会で日本が果たすべき役割について考察します。

アジア文化研究分野イメージ

英米文化研究分野

英米の新しい言語理論、歴史、文学、社会、さらにレトリック・コミュニケーション学など幅広い領域を、現代と歴史的な視点に立って比較研究を進めます。オハイオ州立大学での英語教育インターンシップを含む、英語教員専修プログラムが設けられています。

ヨーロッパ文化研究分野

ドイツ、フランス、スペインをはじめとするヨーロッパの各地域に密着し、文学、文化、歴史、思想、社会などを比較研究という大きな枠組みで取り上げます。さらに、人間科学を含め広い視野から文化を再考し、ヨーロッパ社会における持続と変化を追究します。

ヨーロッパ文化研究分野イメージ

モバイル表示

PC表示