グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育方針



静岡から国際化する社会への飛躍

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

本研究科は、学部を卒業した意欲的な学生のみならず、外国からの留学生、社会人も広く受け入れ、グローバル化する社会への貢献を目指します。

国際関係学研究科の求める学生像

国際関係学研究科の看板

  1. 国際関係の理解に必要な知識、方法、技術を積極的に修得し、専門性を深めたい人。
  2. グローバル化する社会の様々な分野で活動し、貢献する意欲を持つ人。
  3. 多角的な比較の観点に立って世界の多様な文化現象を解明しようとする意欲のある人。
  4. 柔軟な思考と溌剌たる感性を備え、主体的に学ぶ姿勢を持つ人。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

私たちを取り巻く環境は時代の流れの中で絶えず変化し、多様性と複雑さの度合いをますます高めています。本研究科では、文化学、言語学、歴史学、人類学、社会学、政治学、経済学、法学など、多彩な研究領域にかかわる学術を教授し、流動する社会の中で、多文化環境に起因する多様な価値観や複雑化する国際情勢を的確に理解し、課題を克服するための知識と実践能力を備えた人材の育成を目指し、以下のような教育課程を編成し、実施しています。

1. 国際関係学専攻

国際関係の様々な要因を政治学、経済学、法学、社会学、社会心理学、文化人類学、コミュニケーション学などの視点から分析し、研究・教育を展開しています。国際関係の総合的な理解のために、国際政治経済分野と国際行動分野が設けられています。
国際政治経済分野では、国際政治学、国際経済・経営学を中心に、日本政治外交・国際法・国際開発・国際金融・国際経営の諸科目を配置し、幅広い研究ニーズに対応します。さらに東アジアを中心とした地域研究科目も配置され、研究のフィールド拡大に貢献しています。
国際行動分野では、環境、移民、エスニシティ、ジェンダー、多文化共生など地球社会の重要課題にグローバル・スタディーズのアプローチを用いて実証的に取り組むことができるよう、社会学、文化・社会人類学、コミュニケーション学、社会心理学などの学際的なカリキュラムが組織されています。

2. 比較文化専攻

グローバル化する世界の様々なあり様を言語、宗教、思想、歴史などの観点から把握し、各分野の本質を追究します。日本、アジア、英米、ヨーロッパの各文化領域を中心とする四つの研究分野が設けられています。
日本文化研究分野では、日本の思想・文学・言語などの領域に関する研究を行います。基礎作業の徹底、歴史的・現代的な状況を踏まえた文化発信、日中比較などの比較の観点などが本分野の特色です。国語教員専修プログラム、さらに、オハイオ州立大学での日本語教育インターンシップを含む日本語教師養成プログラムが設けられています。
アジア文化研究分野では、中国、朝鮮半島、東南アジア、ロシアなど、アジアの各地域や国の国際関係論をはじめ、政治学、経済学、社会学、文化人類学、歴史、文学などの多くの視点から総合的に分析してその本質的実態の研究を目指します。
英米文化研究分野では、英米の新しい言語理論、歴史、文学、社会、さらにレトリック・コミュニケーション学など幅広い領域を、現代と歴史的な視点に立って比較研究を進めます。オハイオ州立大学での英語教育インターンシップを含む英語教員専修プログラムが設けられています。
ヨーロッパ文化研究分野では、ドイツ、フランス、スペインをはじめとするヨーロッパの各地域に密着し、文学、文化、歴史、思想、社会などを比較研究という大きな枠組みで取り上げます。さらに、人間科学を含め広い視野から文化を再考し、ヨーロッパ社会における持続と変化を追究します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

文化学、言語学、歴史学、人類学、社会学、政治学、経済学、法学など、多彩な学問領域を教育基盤とし、多様な価値観や複雑化する国際情勢を的確に理解し、様々な課題を克服するための高度な知識と実践能力を備えた人材育成を目指して本研究科の教育課程が定められています。この教育課程に基づき開設されている授業科目を規定に従い修得するとともに、修士論文の審査および試験に合格することが必須です。以下のことが課程修了の目安となります。

  1. 複眼的な視点で多様な国際社会を捉え、その動向を的確に把握し、諸問題を解決する方法を学問的に探究できること。
  2. 自文化と異文化に関する豊富な知識を持ち、多様な価値観の固有性と普遍性が理解できること。
  3. グローバル化する社会の様々な場で円滑なコミュニケーションが図れること。

モバイル表示

PC表示