グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



取得できる資格・主な就職先


ホーム >  学部・大学院・短期大学部 >  薬学部 >  取得できる資格・主な就職先


取得できる資格

薬剤師および臨床検査技師の受験資格

2006年度から薬剤師国家試験受験資格は、原則、6年制薬学科の卒業生に与えられることになりました。6年制の薬学科では薬剤師国家試験受験資格が取得できます。4年制である薬科学科卒業者については、2017年度までの入学者に限って、薬学部大学院修士課程を修了後、臨床実務実習を行ない、6年制である薬学科卒業者と同等以上の能力を持つと厚生労働大臣が個別に認めた場合に、薬剤師国家試験を受験することができます。

卒業後の進路

静岡県立大学薬学部における薬学科および薬科学科の特性を生かした場合、卒業の進路や就職先は下記のようになると予想されます。

薬学科を卒業した場合

薬学科を卒業すると、薬剤師の資格を生かして、病院や薬局で薬剤師になる、あるいは、医療従事や薬事行政の職に就くことができます。

また、大学院薬食生命総合学府博士後期課程の薬学専攻(4年間)に進学し、薬学の研究を極めることができます。博士後期課程を修了すれば、薬学部教育研究職、製薬企業や研究機関などの研究職の道が開けます。

薬科学科を卒業した場合

薬科学科を卒業すると、薬学の知識を生かして製薬企業などの技術や営業職、あるいは公務員に就くことができます。

大学院薬食生命科学総合学府の博士前期(修士)課程(2年間)、あるいはさらに博士後期課程(3年間)に進学し、薬学の研究を極め、大学の教育研究職や企業・研究機関などの研究職を目指すことができます。

なお、2017年度までの入学者に限って、修士課程を修了後、博士後期課程に進学し、長期実務実習を履修すれば、薬学科卒業者と同等以上の能力を持つと厚生労働大臣が認めた場合に限り、薬剤師国家試験を受験することができます。

参考(PDFのダウンロード)

主な就職先

モバイル表示

PC表示