グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専攻紹介



より深い研究の道へ、2つの専攻と6つの研究分野

国際関係学専攻

国際政治・開発研究分野

国際政治・開発研究分野は、国際政治学、国際経済学、国際経営学、国際法学などの立場から、国際政治研究・開発研究の幅広いニーズに対応する科目群を設けています。修士論文作成に際しては東アジア、アメリカ、ヨーロッパを軸とした地域研究の手法から研究指導を行うこともできます。

国際政治経済分野イメージ

国際社会・文化研究分野

国際社会・文化研究分野は、社会学、人類学、社会心理学、コミュニケーション学などの立場から、グローバルな課題に取り組んでいる学際的な研究分野です。社会調査やフィールドワーク、計量分析などの手法を用いて、国境を越えた市民の行動を実証的に解明することを通じて、マイノリティと人権、多文化共生、ジェンダー、開発と環境などの地球社会の重要課題を研究しています。

比較文化専攻

日本文化研究分野

日本の言語・文学・思想という比較文化の基礎となる領域を扱います。具体的には、日本語教育、古典語から現代語の分析、また古代、中世、近世から近代に至るさまざまな文学や思想の研究を行います。国語教員専修プログラムが設けられています。

日本文化研究分野イメージ

アジア文化研究分野

中国、朝鮮半島、東南アジア、南アジア、ロシアなど、広大なアジアの国や地域を、国際関係論、政治学、経済学、社会学、文化人類学、歴史学、哲学、宗教学など、様々な切り口から総合的に捉え、その実態と本質に迫ります。

アジア文化研究分野イメージ

英米文化研究分野

言語理論、歴史、文学、社会学、コミュニケーション学などの研究領域について、英米を主とする諸地域間や過去と現在を比較する視点から研究を進めるとともに、学術の探究に必要な英語技能を高め、方法論を修得する科目を配置し、英語教員専修プログラムを設けています。

ヨーロッパ文化研究分野

ドイツ、フランス、スペインをはじめとするヨーロッパの各地域に密着し、文学、文化、歴史、思想、社会などを比較研究という大きな枠組みで取り上げます。さらに、人間科学を含め広い視野から文化を再考し、ヨーロッパ社会における持続と変化を追究します。

ヨーロッパ文化研究分野イメージ

修士論文

過去の修士論文タイトルを、研究科特設サイトでご覧いただけます。
研究科特設サイト 研究分野紹介ページへ >(別ウィンドウで開きます)

モバイル表示

PC表示