グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学地域コラボプロジェクト


ホーム >  大学案内 >  SDGsの取り組み >  学生クラブ・サークル等の取り組み >  静岡県立大学地域コラボプロジェクト

関連するSDGs目標

11 住み続けられる街づくりを

(11.a 各国・地域規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周辺部及び農村部間の良好なつながりを支援する。)

活動紹介

私たちは、静岡県立大学の周辺地域、草薙を中心に地域活性化活動を行っている団体です。主な活動は、草薙周辺で行われる地域イベントへの参加やお手伝い、地域住民の方々との交流です。私たちが地域と関わることで、草薙地域が学生にとってより住みやすい街になるよう、地域と学生とのつながりを支えています。
今、草薙地域の玄関口である草薙駅南口の商店街通りでは、道路空間の無電柱化等の再開発が計画されています。私たち地域コラボプロジェクトのメンバーはこの再開発に関する話し合いの場に参加させていただきました。学生の立場・視点から、どうすればより人が集まる居心地の良い空間になるか、商店会や地域の方々と意見を交換しました。私たちの意見も含め、様々な方の意見を吸収した商店街通りが、今後どのような空間になっていくのか、楽しみです。
草薙地域は自治会、商店会と学生との関わりが深い全国でも珍しい地域 です。 このような様々な活動を通して、どうすれば草薙地域と学生がうまく関われるか、どうすれば学生に草薙の魅力をより知ってもらえるか、これからも考えて活動していきたいです。

商店街話し合い

集合写真

関連リンク

モバイル表示

PC表示