グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡学習支援ネットワーク(SSS)


ホーム >  大学案内 >  SDGsの取り組み >  学生クラブ・サークル等の取り組み >  静岡学習支援ネットワーク(SSS)

関連するSDGs目標

1.貧困をなくそう

2.飢餓をゼロに

4.質の高い教育をみんなに

8.働きがいも経済成長も

活動紹介

私たち静岡学習支援ネットワーク(SSS)は、静岡市内の主に中学生・高校生を対象に学習支援・居場所支援を行っている団体です。「勉強がしたくてもできない。そんな子どもたちの力になりたい」という思いを持った大学生が集まり2012年に誕生しました。現在SSSは、「一般社団法人静岡学習支援ネットワーク」として静岡市から、生活困窮者自立支援における学習支援事業を委託されています。静岡県立大学のほかに、静岡大学、常葉大学、静岡英和学院大学の学生約50名が所属し、毎週火曜日に「あべこや」(駿河区・長田生涯学習センター)、毎週水曜日に「みらこや」(清水区・有度生涯学習交流館)、毎週金曜日に「宿題カフェ」(葵区・アイセル21)の3つの教室を開催しています。
SSSが開催する教室を利用する子どもたちは、経済的な理由で塾に通えなかったり、家庭の事情で家では勉強に集中することができないなど様々な背景を持っています。十分な学習機会や自分らしくいられる居場所が与えられないことは、子どもたちの人生に影響を与えてしまいます。
SSSでは、一人一人に寄り添って一緒に勉強に取り組むことや学校とも家とも違う居場所を提供することを通じて、すべての子どもたちに夢へチャレンジできる環境を保障できるよう努めています。また、学習支援・居場所支援だけでなく現在は食料支援なども通じて貧困問題の解決に取り組んでいます。
これからも教室を利用する子どもたちの力になると同時に、子どもの貧困について社会に伝えられる活動をしていきたいです。

関連リンク

Twitter [ @SSS_Network ]
Instagram:[ @shizuoka.gakusyuushien ]
ホームページ:https://shizuoka-study-support.jimdofree.com/

モバイル表示

PC表示