グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



YEC(若者エンパワメント委員会)


ホーム >  大学案内 >  SDGsの取り組み >  学生クラブ・サークル等の取り組み >  YEC(若者エンパワメント委員会)

関連するSDGs目標

10 人や国の不平等をなくそう

16 平和と公正をすべての人に

活動紹介

私たちは「すべての若者が思いを形にすることを通じて、社会のつくり手となるために」というミッションのもと、若者が社会のチカラとなることを目指して活動しています。
具体的な活動内容は若者へのアプローチとして「もうひとつの放課後探しプロジェクト」、社会へのアプローチとして若者の先進的な活動を行っている国や施設への視察、活動報告会や講演会の参加・開催を行っています。

「もうひとつの放課後探しプロジェクト」とは中高生のやりたいことを大学生がサポートしながら実現をめざす半年間のプロジェクトです。毎年開催しており、今年(2021年)で12年目を迎えます。これまで、ファッションショー・保護犬カフェ・スポーツ企画など様々な企画が生まれました。この活動は、中高生自身が自分で社会を変えることができると感じてもらい、若者と社会をより身近にすることを目的としています。

「視察や講演会」としては、視察やYECの活動で学んだことを講演会や報告会で外部の方々に伝えることで若者に対する偏見を減らし、若者の力を社会に発信しています。一昨年は韓国に視察に行き、韓国の若者の課題にとりくむ団体や韓国の大学生と交流し、帰国後、報告会を開きました。

これらの取り組みはSDGsの「10:人や国の不平等をなくそう」「16︰平和と公正をすべての人に」につながっています。YECの目指す社会は、若者が生き生きと活躍でき、年齢や性別、国籍も関係なく活躍できる社会です。
活動を通して、様々な方々と関わり、助けをもらうことで大学生自身もエンパワーされています。これからも周りへの感謝を忘れず、若者の可能性を発信していきます。

若者支援団体の方との話し合い(韓国視察)※2019年以前

第11期「もうひとつの放課後探しプロジェクト」メンバー※2019年以前

YECメンバー 定例MTにて
※写真撮影時のみマスクを外しています

関連リンク

モバイル表示

PC表示