グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



【学生の皆さんへ】新型コロナウイルス関連のお知らせ(随時更新)


ホーム >  在学生の方へ >  【学生の皆さんへ】新型コロナウイルス関連のお知らせ(随時更新)

(2020年10月19日15時現在)

今後変更があった場合は随時追加していきますので、定期的にページの再読み込みをしてください。
(大学から学生の皆さんへの連絡は、ユニパの掲示・メールからも行っています。)

※5月1日、新入生対象ページと在学生対象ページを一元化しました。
以前のページをご覧になりたい場合はこちらから→<新入生対象ページ(4月30日まで)> <在学生対象ページ(4月30日まで)>


=更新履歴=
2020年10月19日
「遠隔授業に伴うモバイルWi-Fiルーターの貸与について」を追加
2020年10月8日
「新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた活動指針のレベル1.5の継続について」に追記
2020年9月24日
「大学内において、対面での授業・実験・演習および遠隔授業を受講する際の注意事項」を追加
2020年8月31日
「新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた活動指針のレベル1.5の継続について」を追加
2020年8月17日
項目を一部削除等
2020年8月6日
「第34回「剣祭」中止のお知らせ」を追加
2020年7月30日
「新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた活動指針のレベル引き上げ(1→1.5)について」を追加
2020年6月18日
「大学構内無線 LAN の利用について」を追加
2020年6月12日
学生生活全般の支援について「緊急支援プロジェクト」を追加

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた活動指針のレベル1.5の継続について(8月31日付け、10月8日追記)

7月28日に静岡県の警戒レベルが「レベル4(県内警戒、県外警戒)」に引き上げられたことを受け、本学では7月30日に「レベルの目安」および「具体的な活動指針」を見直し、8月1日から活動指針レベルを引き上げました(1から1.5)。その際に、学外実習等の実施の可否判断のため、8月下旬における状況を確認の上で、本学の対応を再検討することとしておりました。
現在、県内の感染者は増加しておりますが、感染者の多くはクラスタ―関連であり、7月28日の警戒レベル引き上げ以降、県の警戒レベルは「レベル4(県内警戒、県外警戒)」と変更がないことから、本学のレベルも1.5から変更せず、引き続き、「3つの密の回避」等、「新しい生活様式」の徹底により対応していきます。学生や教職員の皆さんには、本活動指針を踏まえ、適切な行動を取られるようお願いします。
なお、学内の会議は原則遠隔で行い、県が回避としている都道府県(8月31日現在は東京都、大阪府、福岡県、沖縄県)への不要不急の出張・旅行は引き続き原則禁止となりますのでご注意ください。

2020年8月31日
静岡県立大学 学長 鬼頭 宏
(追記:10月8日)
静岡県の警戒レベルは9月11日に「レベル3(県内注意、県外警戒)」に引き下げられましたが、当該レベルは本学の活動指針のレベル1.5に該当するため、本学のレベル1.5は継続しています。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた活動指針のレベル引き上げ(1→1.5)について(7月30日付け)

7月28日に静岡県の警戒レベルが「レベル4(県内警戒、県外警戒)」に引き上げられました。
これを受け、8月1日(土曜日)に本学における諸活動についての活動指針を改定の上、危険レベルを1から1.5に引き上げます。
8月1日以降の集合形式の定期試験は原則不可となりますが、レベル1で実施していた学内での研究活動や対面授業、クラブ・サークル活動等の一部については、感染防止に最大限の配慮の上、実施可能です。学生の皆さんには、別途、ユニバーサルパスポート等でお知らせします。
なお、学内の会議は原則遠隔で行い、県が回避としている都道府県(7月30日現在は東京都)への不要不急の出張・旅行は原則禁止となりますのでご注意ください。
今後も引き続き、学生や教職員の皆さんには、「3つの密」の徹底的な排除や「新しい生活様式」の実践等の感染防止対策を継続するとともに、本活動指針を踏まえ、適切な行動を取られるようお願いします。

2020年7月30日
静岡県立大学 学長 鬼頭 宏

第34回「剣祭」中止のお知らせ(8月6日付け)

実行委員長あいさつ

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、2020年10月24日、25日に開催を予定していた「剣祭」を中止とさせていただく運びとなりました。実行委員会一同、どのような感染症防止対策をとれば「剣祭」が実施できるか議論を重ねてまいりました。しかしながら、7月以降の全国的な再拡大を鑑みると、皆さんに安心して楽しんでいただける「剣祭」を開催することは難しいと判断しました。私たち剣祭実行委員会にとっても苦渋の決断となりました。
学内の皆さまの楽しみの場や、クラブ・サークルに所属されている方々の活躍の場を準備することができず大変申し訳ありません。この決定にご理解いただき、また来年以降の「剣祭」への参加、そして剣祭実行委員会へのご協力をよろしくお願い申し上げます。

第34回剣祭実行委員会
委員長 岩井一真

学長あいさつ

大学開設とともに始まった「剣祭」ですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受け、本年度の開催を見送ることになりました。剣祭実行委員会メンバーは、規模の縮小、オンライン併用なども視野に入れ、「剣祭」の開催に向けて、真剣に議論を重ねてくれました。
「剣祭」は学内の交流・卒業生との交流・地域との交流といった3つの交流を深める場として大きな役割を担っています。特に今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で入学式は中止、授業も遠隔講義が続き、まだ構内で顔を合わすことさえできていない1年生がたくさんいます。実行委員会メンバーは、このような1年生のためにも、大学生活の魅力を伝えるために自分たちにできることはないかと懸命に模索してくれました。そのうえでの中止の決定は、まさしく苦渋の決断だったことと思います。剣祭実行委員会の皆さん、ご苦労さまでした。
成果発表や模擬店を予定していたクラブ・サークルの皆さん、見学を楽しみにしていた皆さん、まことに残念ではありますが、2021年10月に開催される第35回「剣祭」まで楽しみをとっておくこととしましょう。

静岡県立大学 学長 鬼頭 宏

大学構内無線 LAN の利用について

大学構内では、遠隔授業を受講するために、学内無線 LAN の利用ができます。利用できる場所は、草薙キャンパス(一般教育棟、学生ホールなど)、小鹿キャンパス(看護棟1階カレッジホールなど)と限定しています。また、接続方法や利用についての注意点などを、下記の「学内無線LAN(学内におけるWi-Fi)の利用方法」に示しましたので、内容を確認のうえで大学にお越しください。 利用できる場所には、同案内を置いてありますが、利用方法が不明な場合は学生室までお問い合わせください。
学生室

大学内において、対面での授業・実験・演習および遠隔授業を受講する際の注意事項

後期からは、実験・演習・英語科目などを中心に、構内にて対面にて実施する授業も増えてきます。引き続き、各自、感染症の拡大防止(持たず、持たせず、持ち込ませず)の徹底をお願いします。
また、構内では、以下の6つの点に特に注意してください。後期授業開始に向けて、検温などの「健康観察」をお願いします。
  1. 構内への入構に際しては、検温・マスクの着用を徹底する。また授業開始2週間前より「健康観察表」と「行動履歴表」への記録を必須とする。体調不良、風邪の症状などが見られる場合は入構しないこと(授業は公欠扱い)。
  2. 講義室・実習室に入る前の手洗いおよび手指の消毒を徹底すること。授業・講義・演習後の机、実験台等は、各自消毒用アルコールを用いて、消毒すること。実習・演習については、使用した器具についても可能な限りアルコール消毒をおこなうこと。
  3. パソコンを利用する実習・演習では、キーボードにはラップを巻くことを推奨する。また、モニターには不用意に触らないこと。詳細については、授業・実習・演習の担当教員の指示に従うこと。十分なソーシャルディスタンス(前後左右1m以上)が取れない場合は(特に実習・演習など)、マスクに加えフェースシールドを着用すること(フェースシールドは大学より配布します)。
  4. 講義室、実習室では、教員の指示に従い指定席(固定席)を利用すること。指定席の指示がない教室では、×印のある席には座らず、十分間隔をあけて着席すること。
  5. 昼食は飛沫防止対策を行っている食堂(上食、下食、小鹿)もしくは、講義室内の決められた席(指定席のない場合は前を向いてスクール形式)で取るとともに、マスクを外している間の会話は必要最小限とすること。食事後は、各自使用した机・テーブルのアルコール消毒を行うこと。後期の学内での授業実施に向けて学生ホールやカレッジホールでの食事は禁止とする。
  6. 学内での遠隔授業の視聴は、各学部で指示のある講義室やPC室で行うこと。また、一般教育棟1階の講義室、学生ホール、図書館でも、学内のWi-Fiを利用して遠隔授業の視聴ができる。
    なお、視聴にあたっては、できるだけ、イヤホン、ヘッドフォンマイクを持参した上で遠隔授業を受講し、複数の学生が同時に授業を受講している場合は、周囲との距離をとりつつ、お互いに授業がスムーズにできるように配慮する。

※「健康観察表」「行動履歴表」は、以下よりダウンロードして使用願います。

学生の遠隔授業受講におけるルールについて

静岡県立大学では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、2020年度(令和2年度)前期において、遠隔授業を実施しています。
本学では、学生の皆さんが安全に遠隔授業を受講できるよう、以下のとおり学生の遠隔授業受講におけるルールを策定しました。学生の皆さんは、以下のルールを遵守して、適切な遠隔講義の受講をしてください。なお、これらのルールについては、遠隔講義のみならず、対面式授業においても準用されますので、対面授業の際も遵守して受講してください。

  1. 授業を妨害する行為(暴力的行為、ハラスメントに該当する行為、人権侵害に当たる行為等のみならず、遠隔講義受講に対する不正なアクセスや不適切な行為等を含む)を禁止します。
  2. 遠隔授業のために与えられたアクセス先URLやID・パスワード等を他者に教えることを禁止します。もちろん、SNS等で共有や公開することも禁止です。
  3. 授業で配布された講義資料や各種ファイル等を、授業担当教員の許可なく、他者へ配布することや、SNS等で共有や公開することを禁止します。
  4. 遠隔授業の様子を録画や、スクリーンキャプチャしたものをSNS等で共有や公開することを禁止します。
  5. 受講者の氏名、年齢、学籍番号など、個人を特定する情報を、SNS等で共有や公開することを禁止します。
  6. 授業に関する誤った情報を、インターネット上にアップロードすることや、SNS等で共有や公開することを禁止します。
  7. その他、「静岡県立大学学生の懲戒に関するガイドライン」に定める「本学の秩序を乱し、本学学生としての本分に反する行為」はすべて禁止します。

これらのことが守られなかった場合、本学が付与するアカウント等を停止することがあります。また、本学学則により懲戒処分の対象となり得るほか、電磁的記録に関する罪もしくは不正アクセス、または著作権侵害などにより法律に基づく処罰の対象となることもありますので、十分ご注意ください。

遠隔授業に伴うモバイルWi-Fiルーターの貸与について

後期に入り授業も始まりました。前期に引き続き、一部対面授業も始まりましたが、多くは遠隔授業が実施されています。
遠隔授業を受講するためのネット接続環境の整備が難しい学生・大学院生を対象に「モバイルWi-Fiルーター」の貸与を継続します。ただし、台数に限りがあるため、すべての学生の要望には応えられない可能性があることをご承知おきください。
居住場所において遠隔授業を受けることが極めて困難な学生への貸与に限定させていただきます。

注意事項をよく読み、以下(1)~(7)を記入して、県立大学学生室長宛メールで申し込んでください。
申込先:gakus-s@u-shizuoka-ken.ac.jp
申し込み期間:10月19日(月)~10月27日(火)12:00まで
貸与が決まった学生には、改めて(10月28日(予定)までにメールにて)、連絡します。

注意事項
  • 本学が実施する遠隔授業以外の目的には使用しないこと
  • 貸与期間:10月下旬から2月17日(水)(予定)
  • 受取方法:居住場所(手数料・送料は申込者負担)
  • 必要に応じて、回線利用の登録や開通手続き等は自身でおこなうこと
  • 機器の貸与に関する「誓約書」を提出すること(後日送付)
  • 「遠隔授業に関するレポート」を後期授業終了を目途に提出すること(後日メールにて連絡)

(1) 所属・学年・学籍番号
(2) 名前
(3) 連絡先(メールアドレス、電話番号)
(4) 現在のネット接続環境
(5) 今後のネット接続環境の整備予定
(6) モバイルWi-Fiルーターの貸与が必要な理由
(7) 居住場所の住所(実家もしくは下宿かも記載すること)

学生生活全般について

経済的な困難に伴う支援

  • 高等教育修学支援新制度・貸与型奨学金

新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要な学生等のみなさんへ

新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要な学生等のみなさんへ

制度の詳細は以下のホームページを参照してください。

日本学生支援機構
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html(外部サイトへリンク)
文部科学省
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/1420041_00003.htm(外部サイトへリンク)

資料が必要な方、申込を行う方は学生室(054-264-5008または5009)までお問い合わせください。
  • 特定定額給付金事業等の対応について
  • 学生証の発行が遅延した場合の国民年金保険料の学生納付特例申請の取扱いについて
緊急支援奨学金について
新型コロナウイルス感染症の影響により、修学支援者の雇用の喪失や学生本人のアルバイト収入が著しく減少したなどの理由で、一時的に生活資金が不足した学生に対し支援を行います。
◎随時相談を受け付けています。
詳細ページへ>

各種証明書の発行について
これまで郵送対応としていた各種証明書については、草薙キャンパスのみ5月28日から学生室前の発行機から発行可能になりました。

発行に際しては、以下の注意点を守っていただきます様お願い致します。
【注意点】
・使用前に、必ず発行機横のアルコールで手指消毒をすること
・画面に触れる前に、必ず発行機横の画面用消毒液を紙にしみこませ、画面を拭くこと
・画面と取り出し口以外に触れないこと

また、これまで同様に証明書の発行は郵送でも対応可能です。学生室(054-264-5008または5009)までお問い合わせください。

学生生活に関するQ&A

学生の皆さんからいただいた質問をもとにQ&Aを作成しましたのでご参照ください。

Q&Aページ>

また、何か困っていることがありましたら、次の問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

学生ボランティアセンターの学生たちが困ったことに対して相談にのってくれますのでQ&A(その他)ページもご確認ください。

緊急支援プロジェクト

本学では、コロナ禍に伴って生じている、さまざまな困難についての困りごとに対応するため緊急支援プロジェクトを立ち上げました。
このプロジェクトには、以下の2つの連絡先があります。困りごとがありましたら、随時ご連絡ください。どんなことでも構いません。

【Twitter】
アカウント: @kinkyupro
URL: https://twitter.com/kinkyupro
困りごとを発信したり、相談を受け付けています。

【LINE】
URL: https://lin.ee/8XtmFsp
直接、悩みや相談を受け付けています。

心と身体の相談に関すること

  • 心の健康を守るために
・新型コロナウィルスの影響で、皆さんそれぞれ大変な思いをしていると思います。
・恐怖、不安、予定変更、見通しが立たない、不自由など、ストレスがかかると、人の心には様々な反応が起きるものです。これは、正常な反応で、健康な心である証拠とも言えます。たいていは、しばらくすると回復します、心配いりません。
・今、私たちの心に何が起きているのか、そして、その対処法を知ってもらい、心の安心安全を取り戻せる日が早く来ることを願っています。

健康支援センターでは、対処法等を次のとおりまとめましたので、ぜひご一読ください。
  • 新型コロナウイルス感染症対策期間中における健康支援センターの利用方法について
利用方法については、以下のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策期間中における健康支援センターの利用方法>
  • <健康支援センターからのお知らせ>新型コロナウイルス感染症Q&A
ユニパをご覧ください>>

就職相談に関すること

6月8日からのキャリア支援室の利用(就活関連書籍, 活動記録, 求人票等の閲覧、セミナー・講座等の予約、個別相談の予約、履歴書等の配布)は、次の点についてご留意ください。
  • 書籍等閲覧の際には利用記録簿に学籍番号等記入してもらいます。閲覧にあたって室内の人数によっては、密にならないよう、はばたき棟ロビー、カレッジホール棟での閲覧に協力願います。
  • 個別相談はオンラインと対面の両方を併用して行います。(希望等を確認して予約時に調整します。)
※利用(入室)にあたっては、事前の健康チェック、マスク着用、手洗い等をし、アルコール消毒を行い、3密「密集、密接、密閉」を避けるよう協力をお願いします。

なお、個別相談の予約やその他問合せについては、キャリア支援室電話(054-264-5011)でも受け付けます。

お問い合わせ

学生部学生室 電話:054-264-5009

(2020年5月1日)
(2020年5月8日追記)
(2020年5月12日追記)
(2020年5月14日追記)
(2020年5月18日追記)
(2020年5月21日追記)
(2020年5月22日追記)
(2020年5月26日追記)
(2020年5月28日追記)
(2020年6月5日追記)
(2020年6月12日追記)
(2020年6月18日追記)
(2020年7月30日追記)
(2020年8月6日追記)
(2020年8月17日一部削除)
(2020年8月31日追記)
(2020年9月24日追記)
(2020年10月8日追記)
(2020年10月19日追記)

モバイル表示

PC表示